このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大阪ガスグループにおける環境月間の取り組みについて

印刷する

2011年5月31日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、お客さまをはじめ、株主さま、社会、従業員などすべてのステークホルダーの価値を共に高めていく「価値創造の経営」を基本理念とし、この理念に基づき「大阪ガスグループのCSR憲章」を定めています。
 このCSR憲章において、環境保全はエネルギービジネスを中心に事業展開する当社グループにとって極めて重要な使命であり、環境との調和をはかり、エネルギーと資源の効率的利用を実現することにより、持続可能な社会の継続に貢献することが謳われています。6月から始まる環境月間において、当社グループでは以下のようなさまざまな取り組みを行ってまいります。
 
  環境シンポジウムの開催
    温暖化やエネルギー問題への対応として、新たなエネルギー供給・利用のあり方が問われています。そこで、「地球環境とグリーン・イノベーション」をテーマにシンポジウムを開催し、昨今の情勢を踏まえた、環境・エネルギーのあり方や、CO2削減、エネルギーの安定供給等に資する新しい技術について考えます。
     
  省エネルギーの推進・意識啓発
    震災を機に節電を含む省エネルギーの重要性が高まっていることを踏まえ、大阪ガスグループで一層の省エネルギーを推進する活動を行います。また、生活誕生館ディリパ千里にて、省エネルギーをテーマに一般市民向けのセミナーを開催するとともに、「ご家庭や仕事場で役立つ省エネルギーアイディア」等、ホームページにおいて省エネルギーに関する情報の掲載を強化します。
     
  地域の自然保全のための生物多様性の取り組み
    当社グループでは、生物多様性方針を策定し、製造所における希少種の保全等さまざまな取組みを実施しております。環境月間では、生物多様性に関する知見の向上等を目的に、従業員を対象とした講演会と希少種の移植体験会を姫路製造所において開催します。
また、大阪ガスセキュリティサービスグループでは、身近な自然への関心を高めて頂く機会として、淀川区民センター大ホールにて、一般市民向けの講演会「知って愉しむ淀川」を主催する等、様々な地域貢献活動に参加いたします。
     
  「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」への参加
    環境省が呼びかけている「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加します。当社グループの主要事業所において、6月22日(水)から8月31日(水)の期間内の各事業所が設定した時間帯に屋上社名ライトアップやショーウィンドーなどを消灯します。
 
 この他、各事業所・グループ会社においても、清掃活動や社員に対する啓発活動にも取り組みます。それぞれの取り組みの詳細は別紙をご参照ください。
 
 今後も大阪ガスグループは、環境保全活動や啓発活動をより充実し、更なる環境負荷低減および環境との調和に努めるなど企業の社会的責任を全ういたします。
 
 
以上

詳細はこちら (143KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る