このページの本文へ移動します。

プレスリリース

「大阪ガスのエネルギー環境教育」の出張授業の受講者数が10万人を突破しました

印刷する

2010年12月13日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)がCSR活動の一環として実施する「大阪ガスのエネルギー環境教育」の出張授業(以下、エネルギー環境教育)の受講者が、本日、10万人を突破しました。
 
 当社グループは、従来から、食育やスポーツ教室を通じた次世代育成事業、障がい者の就労支援など、社会貢献活動に積極的に取り組んでまいりました。その活動の一つである「エネルギー環境教育」は、近年の地球環境意識の高まりを背景に、エネルギーと地球環境問題の関わりをお客さまと共に考え、理解を深める目的で、平成18年から実施しています。
 「エネルギー環境教育」は、当社の供給区域内の小・中・高校生を対象に、出張授業を行うもので、学年や習熟度に応じて7つのプログラムの中からお選びいただき、総合学習や社会科、理科などの授業としてご活用いただいています。また、自治会等の地域の諸団体や消費者団体へも同様の講座を実施しています。講師は当社社員やOBなど約60人が担当し、年間約200校、600回以上の出張授業を行っています。生活シーンにおける身近な教材を用いた参加型の学習スタイルなど工夫を凝らし、着実に受講者数を増やしてまいりました。
 
 今後も、当社は「エネルギー環境教育」を継続して推進するとともに、様々な活動を通じて地域社会に貢献してまいります。
 
10万人目の受講者となった堺市立光竜寺小学校 記念品贈呈の様子 エネルギッシュキッズロゴマーク
10万人目の受講者となった堺市立光竜寺小学校 記念品贈呈の様子
地球にやさしいラーメンづくりセミナー 地球にやさしく!暮らし見直し隊 燃料電池を知ろう
地球にやさしいラーメンづくりセミナー 地球にやさしく!暮らし見直し隊 燃料電池を知ろう
 
▲ページトップ
 
【出張授業プログラムの概要】
  1.
講師: 当社社員及びOB・OG、ガス科学館(泉北製造所内)・姫路ガスエネルギー館のアテンダント
  2.
対象: 当社供給エリア内等の小・中・高校生、地域の諸団体など
  3. プログラム:
    学年や習熟度などに応じて選んでいただける7種類をご用意。講習の進め方は、ご要望に合わせてアレンジ可能。
   
(1) 地球にやさしいラーメンづくりセミナー(小学校〜中学校・参加型)
  ラーメンを作って食べる行動の一つひとつが、地球環境のどの問題と関連しているか実験を通じて学ぶ。すべての生活行動に関して、地球環境問題に配慮できる思考力を養う。
(2) エコ・エンジェルセミナー(小学校〜中学校・参加型)
  地球温暖化問題について班ごとにカードクイズ形式で楽しみながら学習。二酸化炭素排出量を減らす暮らし方やエネルギーの選択について自ら考える。
(3) 地球環境問題とエネルギーセミナー(中学校以上・講義型)
  地球環境問題や、エネルギー使用と環境との関わり、天然ガスやコージェネレーションシステムの環境性、身近な暮らしの効率的な省エネルギーの方法を学習。
(4) 地球にやさしく!くらし見直し隊(小学校〜中学校・参加型)
  地球環境問題を身近に捉え、二酸化炭素排出量を削減することをゲーム形式で楽しく学ぶ。毎日のくらしを見直し、地球温暖化を防ぐために「毎日続けられること」を実践するきっかけを作る。
(5) 燃料電池を知ろう(中学校〜高校生・参加型)
  発電実験を交えながら、快適な暮らしと省エネルギーを実現する燃料電池について理解を深める。
(6) ガスコンロのしくみ、燃焼のふしぎ(小学校・参加型)
  小学校6年の理科単元「ものが燃えるとき」に対応。様々な食材を使った燃焼実験を通じて「ものが燃える状態」について学ぶ。
 
  H21年、22年度大阪商工会議所 社会人講師活用型教育支援プロジェクト「理科大好きなにわっ子育成事業」参画に伴い開発したプログラム。
(7) おでかけガス科学館(小学校~中学校・講義型)
  天然ガスを液化した状態のマイナス196度の世界を体験する実験と、エネルギーと地球環境について科学館のアテンダントがわかりやすく教えるプログラム。
 
「大阪ガスのエネルギー環境教育」 http://www.osakagas.co.jp/kankyo_ed/別窓で開きます
 
以上
 
  報道関係の方のお問い合わせ:  
    大阪ガス株式会社 広報部報道チーム   06-6205-4515  
  報道関係以外の方のお問合せ先:  
    グッドライフコール   0120-000-555  
    【 受付:平日8:00〜20:00、日・祝日9:00〜17:30 】  

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る