このページの本文へ移動します。

プレスリリース

EcoWaveを活用した水処理設備の設置について〜牛乳石鹼共進社 安田工場さまにUASB排水処理設備を設置〜

印刷する

2012年3月29日
大阪ガス株式会社
株式会社クリエイティブテクノソリューション

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下、「大阪ガス」)の100%子会社である株式会社クリエイティブテクノソリューション(社長:大石 修、以下、「OGCTS」)は、お客さまが初期投資を行わずに設備を導入できるエネルギーサービススキーム「EcoWave」※1を活用し、牛乳石鹸共進社株式会社(社長:宮崎 仁之、以下「牛乳石鹸」)の安田工場さま(大阪市鶴見区)構内にUASB※2排水処理設備を設置いたします。平成24年4月に本設備の設置工事に着手します。
 
 大阪ガスグループでは、工場やビル全体のエネルギー利用・水処理などのシステム提案から、資金調達・メンテナンス・運転管理などエネルギー供給に関するあらゆるお客さまのニーズにワンストップで対応するエネルギーサービスプロバイダー事業を展開しています。このたび、その一環として安田工場さま構内にUASB排水処理設備をOGCTSが持ち込み、排水量に応じたサービス料金※3を牛乳石鹸さまから受取る「EcoWave」活用したエネルギーサービス事業を実施します。
 
 UASBとは、あらかじめ増殖させたメタン発酵菌のかたまりの中へ有機物を含む排水を通して嫌気処理※4をおこない、コンパクトな反応器で有機物からバイオガスを効率的に取り出す排水処理方法です。活性汚泥法などの好気処理と比較して、設置スペース・エネルギー量・汚泥発生量が低減できます。
 
 牛乳石鹸安田工場さまでは、自然由来の原料から石鹸を製造されており、その製造工程※5からはグリセリン・食塩を主成分とする甘水が排出されます。これまでも甘水からグリセリンを精製し再利用されていましたが、生産量が増加したため新たな甘水の処理方法を検討されていました。
 今回、大阪ガスとOGCTSが提案・設計したUASB排水処理設備は、希釈などの前処理を行った後にUASBによる嫌気処理を行うことで甘水に含まれるグリセリンを90%以上分解してバイオガス(メタンガス)を発生させ、構内の蒸気ボイラで利用します。これにより設備導入前と比較して工場でのエネルギー利用量を15%、CO2排出量を16%削減することができます。また、牛乳石鹸さまではバイオガスを利用するコージェネレーションシステムの導入を検討されており、更なるエネルギー利用量、CO2排出量の削減が期待できます。
 なお、本事業は経済産業省の「平成23年度 再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業」に採択されています。
 
 また、「EcoWave」を活用した水処理設備の導入は大阪ガスグループで初めてであり、水処理システムの規模(工事総額 約7億円)としても最大となります。
 
 大阪ガスグループは、今後もお客さまの様々なご要望にきめ細かく対応し、省エネルギー・省CO2に貢献するエネルギーサービスの提供に努めてまいります。
 
※1   お客さまが初期投資を行なわず省エネルギー設備などを導入できるエネルギーサービススキーム。お客さま先にコージェネレーションシステムや水処理装置などの省エネルギー設備を持ち込み、ユーティリティーを供給し、その対価としてご使用になった量に応じたサービス料金をお客さまから受取る。
※2   UASB:Upflow Anaerobic Sludge Blanketの略。
※3   バイオガス加工費用、保険料などの費用を含む。
※4   し尿、下水汚泥や食品工場廃水などに含まれる有機性物質を酸素が無い環境で活動できる微生物に分解させる方法。使用電力量、発生汚泥量が少なく、処理の工程で発生するメタンガスを燃料として利用できる。
※5   牛乳石鹸さまの赤箱・青箱は、熟練の技術で加熱、かくはん、静置の工程を約1週間かけ、じっくりと熟成させる「釜だき製法」でつくられる。この製法の製造工程中に天然のうるおい成分となるグリセリンが生成される。
 
以上
 
  お問合せ先:    
    大阪ガス株式会社 エネルギー事業部
エネルギー開発部 ESPチーム

:電話06 (6205) 4755
 

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る