このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

日揮みらいソーラー株式会社の全株式取得について

2019年12月16日
大阪ガス株式会社
株式会社ガスアンドパワー

 大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏、以下「大阪ガス」)の100%子会社である株式会社ガスアンドパワー(社長:伊藤 宗博、以下「ガスアンドパワー」)は、大分県大分市で太陽光発電事業を行っている日揮みらいソーラー株式会社(代表取締役:溝口 真史、以下「日揮みらい」)の発行済み株式のうち、日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤 雅之、以下「日揮HD」)が保有する全持分を取得しました。これにより日揮みらいは、ガスアンドパワーの100%子会社として、Daigas大分みらいソーラー株式会社に商号を変更します。

 日揮みらいは、2013年5月から大分県大分市の日産グリーンエナジーファームイン大分において、太陽光発電事業(以下「本事業」)を開始しました。ガスアンドパワーは2014年5月に日揮みらいの49%の株式取得し、本事業へ参画しており、これまで日揮HDとの共同事業として、安定した事業運営を行ってきました。今後はガスアンドパワーの100%子会社として、これまで同様に効率的・安定的な運営に取り組んでまいります。

 Daigasグループの再生可能エネルギー電源は、建設中のものを含めると国内で50万kW以上、海外も含めると60万kW以上に達しており、2030年度までに国内外で100万kW規模を開発・取得するという目標の早期達成に向けて着実に進んでいます。Daigasグループは引き続き再生可能エネルギー電源の開発・活用に取り組み、低炭素社会の実現に貢献してまいります。

Daigas大分みらいソーラー株式会社の概要(ガスアンドパワーによる全株式取得後)

Daigas大分みらいソーラー株式会社の概要(ガスアンドパワーによる全株式取得後)

<ご参考>
■各社の概要

各社の概要

以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • DaigasグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る