このページの本文へ移動します。

生活情報

教育関係者・保育関係者を対象にした「第8回食育セミナー」を開催します

印刷する

2014年1月
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、CSR活動の一環として、平成26年3月21日に、教育関係者・保育関係者を対象にした「第8回食育セミナー」を開催します。
 
 当社は、子どもたちが、料理をする楽しさ、食事の大切さ、食を通じた社会・環境とのつながりについて理解を深め、豊かな人間性を育むことを願い、食育活動を推進しています。『「いただきます」で育もう。』をスローガンに、子ども向けの食育料理教室「リトルシェフアカデミー」を開催しており、教育関係者・保育関係者向けには「食育セミナー」を実施しています。また、小学生向け食育学習教材*1を制作し、活用いただいています。
 
 「食育セミナー」は、平成20年3月に小学校の新学習指導要領に「食育の推進」が示されたことを受けて、教育関係者の皆さまに対し食育に関する情報を提供することを目的に、平成21年2月より実施しています。
 第8回目の今回は、“和食 日本人の伝統的な食文化”がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをうけ「未来へつなぐ日本の食文化」をテーマに開催します。
 精進料理人の棚橋俊夫先生には、日本の根本料理である精進料理を通して、心身共に豊かな生活を送るために、食と正しく向き合い実践することの重要性や野菜がもたらす効能・素晴らしさ、その魅力についてご講演いただきます。
 また、料理研究家であり早稲田大学文化構想学部非常勤講師である土井善晴先生には、和食の魅力や歴史について、またその文化を後世に残していくための家庭での日本食文化継承の重要性などについてご講演いただきます。
 
 今後も当社は、食育活動を通じて、次世代育成に努めてまいります。
 
*1 『「いただきます」ではじめよう!なぜ?なに?食育Book』
小学校の先生が授業で活用できるような副教材として、「楽しく学ぼう食育研究会」が制作しました。京都府立大学大学院の大谷貴美子教授の監修の下、実際に食育指導をされる小学校の先生方に執筆いただきました。
*2 「食事バランスガイド」
健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に農林水産省と厚生労働省により策定されました。「食事の基本」を身につけるための望ましい食事のとり方やおおよその量をコマのイラストによりわかりやすく示しています
▲ページトップ
エネルギッシュキッズ ロゴ
「第8回食育セミナー」概要は、以下のとおりです。
 
  日時 平成26年3月21日(金・祝)午前10:00〜午後12:30
  場所 大阪ガス本社ビル3階ホール
大阪府大阪市中央区平野町4-1-2
  内容
基調講演  「世界に誇る日本の根本料理が教え伝えること、天の恵みをいただく」
  棚橋 俊夫 (たなはし としお)氏
  精進料理人
特別講演 「家のご飯が育む未来〜毎日食べる和食の作り方」
土井 善晴 (どい よしはる)氏  
  料理研究家・早稲田大学文化構想学部非常勤講師
  立命館大学客員研究員
  定員 250人(先着順 定員になり次第、申込受付を終了)
  対象 教育関係者(学校教諭、栄養教諭、栄養士ほか)
保育関係者(保育士・調理員など)
  費用 無料
  後援 文部科学省、厚生労働省、農林水産省近畿農政局、大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、京都府教育委員会、奈良県教育委員会、滋賀県教育委員会、和歌山県教育委員会、大阪市教育委員会、神戸市教育委員会、京都市教育委員会、大阪市
  申込方法 参加申込書に氏名、勤務先、住所などをご記入のうえ、食育セミナー事務局への郵送、FAX、もしくはホームページよりお申込ください。
送付先 〒530-0005 大阪市北区中之島3-2-18 住友中之島ビル7階
関西ビジネスインフォメーション(株)大阪ガス食育セミナー事務局
FAX 06-4803-2210
ホームページ https://www.osakagas.co.jp/shokuiku/09seminar/別ウィンドウで開きます
  申込締切 平成26年3月14日(金)
 
 
以上
▲ページトップ
(参考)食育セミナー 第1〜7回開催概要
 
  第1回  平成21年2月7日
    「賞味期限と消費期限〜食品表示の正しい知識」 徳江 千代子氏
    (東京農業大学教授・東京農業大学食品加工技術センター長)
    「アスリートの食」 朝原 宣治氏
    (北京オリンピック銅メダリスト・大阪ガス(株)人事部)
     
  第2回  平成21年7月14日
    「スポーツ現場からの食育報告―心と体をつくる朝ごはん―」 海老 久美子氏
    (国立スポーツ科学センター・スポーツ医学研究部研究員)
    「アスリートの心と体を支える食」 奥野 史子氏
    (スポーツコメンテーター・バルセロナ・五輪銅メダリスト)
     
  第3回  平成22年2月11日
    「食と健康を考える―明日をはぐくむ食 日本の子ども達に伝えたいご飯の力―」
      アグネス・チャン氏
      (歌手・エッセイスト・教育学博士・目白大学教員教授・農林水産研究員)
    「食とスポーツで健康を育てる-ファイターズへの栄養サポートを例に-」 柄澤 紀氏
    (日本ハム(株)中央研究所 管理栄養士)
     
  第4回  平成22年7月10日
    「いただきますで育もう―食育授業のすすめかた―」 大谷 貴美子氏
    (京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授)
    「からだ育てとコミュニケーション」  齋藤 孝氏 (明治大学文学部教授)
     
  第5回  平成23年3月5日
    「脳を育む食育」 川島 隆太氏    (東北大学加齢医学研究所 脳機能開発研究分野教授)
    「感じることで食を豊かに〜フランスの『味覚教育』を取り入れた食育の進め方」
    佐藤 雅子 氏 (千葉大学教育学部附属小学校教諭)
         
  第6回  平成24年3月24日
    「日本食の実力 〜子どもと一緒にごはん」服部 幸應氏
    (学校法人服部学園理事長、服部栄養専門学校校長 医学博士/健康大使、内閣府 食育推進会議委員)
    「日本のフードガイドと食育:子どもの「食」の力を育むために」
    武見 ゆかり 氏 (女子栄養大学大学院教授、内閣府 食育推進会議委員)
     
  第7回  平成25年3月24日
    「“こころ”を癒す食卓」室田 洋子(むろた ようこ)氏
    (聖徳大学児童学部児童学科(前)教授、兼任講師
専門:発達心理学・臨床心理学(臨床心理士))
    「食体験が育む“こころ”〜イヤシさは身を助ける!?」一条 ゆかり 氏 (漫画家)

食育セミナーチラシ (2478KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る