このページの本文へ移動します。

生活情報

「ハイスクールOMS戯曲賞」の創設と「第1回ハイスクールOMS戯曲賞」の公募について

印刷する

2012年7月
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、大阪ガスグループの事業活動の基盤となる地域社会の活性化と発展、環境の保全を目的にスポーツ・文化活動、環境教育の実施などの社会貢献活動に取り組んでいます。そのひとつとして、関西の文化活動の振興を目的として「OMS戯曲賞」を主催しています。このたび、次代の劇作家育成の一環として、高校生を対象にした「ハイスクールOMS戯曲賞」を新たに創設し、8月1日より公募を開始します。
 
 「OMS戯曲賞」は、当社が昭和60年に開設した複合文化施設「扇町ミュージアムスクエア(以下、OMS)」の10周年記念事業として、次代を担う新しい劇作家の発掘と、既に評価を得ている劇作家に活躍の場を提供することを目的に平成6年に創設されました。OMSは平成15年に閉館しましたが、「OMS戯曲賞」は継続して実施され、毎年60~80件程度の応募を頂き、今年で19回目を迎えます。
 昨年は、その関西演劇文化への貢献を評価され、公益社団法人企業メセナ協議会さまから「メセナアワード2011 演劇ともしび賞」※1を受賞しました。
 
 今回、関西の劇作家育成の裾野をさらに拡げ、新しい劇作家の発掘および、大学生や社会人になっても戯曲を書き続けるモチベーションの向上を目的に高校生を対象とした「ハイスクールOMS戯曲賞」を設立します。
 当社は、このような取り組みを通じて、劇作家の育成や支援を行い、関西の演劇文化を振興させ、地域社会の活性化と発展に貢献していきます。
 
※1 「メセナアワード2011」は、平成23年4月から5月末にかけて全国で公募が行われ、88の企業・団体から94件の応募がありました。これらの応募案件について外部の専門家からなる委員会により選考が行われた結果、6件の活動が「メセナ大賞部門」に選出され、賞が贈られることとなりました。当社は、「OMS戯曲賞による関西の演劇支援」の活動が評価され、『演劇ともしび賞』を受賞しました。
▲ページトップ
○「ハイスクールOMS戯曲賞」の詳細について
 
1. 応募期間
  平成24年8月1日(水)~11月30日(金)※ 当日消印有効
   
2. 対象作品
  大阪府内の高校等に在学、または大阪府内に在住する高校生による創作(オリジナル)戯曲作品※2で、平成24年4月から11月までに実際に演劇コンクール、HPF※3、北摂高校演劇フェスティバル、文化祭などで上演された作品。
 
※2 演劇部作等の複数名による合作も対象とする。
※3 HPF(Highschool Play Festival)について
  自由な舞台表現の場として、高等学校のクラブ活動の枠にとらわれない、フェスティバル形式の大阪府内の高校生のための演劇祭。平成2年にスタートし、毎年30校程度が参加。今年で23回目。大阪府内の劇場を発表の場とし、劇場スタッフによるワークショップなどを併催し、高校生と専門演劇人の交流の場を設けている。
   
3. 応募資格
  高校、盲学校、ろう学校、養護学校の高等部、高等専門学校(1年~3年)在学中の生徒
   
4. 入選発表および表彰
  平成25年1月下旬(予定)
   
5. 賞項目および賞品
 
優秀賞   (図書カード 3万円)1名
佳作   (図書カード 1万円)1名
   
6. 選考委員(敬称略)
 
林 慎一郎 (極東退屈道場  第18回OMS戯曲賞大賞受賞作家)
稲田 真理 (伏兵コード   第18回OMS戯曲賞佳作受賞作家)
   
7. 主催
  大阪ガス株式会社
   
8. 協力
  大阪府高等学校演劇連盟 HPF実行委員会
   
9. 応募先
  大阪ガス株式会社 近畿圏部 社会貢献推進室
〒541-0046
大阪市中央区平野町4-1-2
TEL:06-6205-4723
FAX:06-6231-0403
mail:socialhp@osakagas.co.jp
 
以上
 
  お問合せ先:  
    大阪ガス株式会社 近畿圏部 社会貢献推進室 :電話06 (6205) 4723  

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る