このページの本文へ移動します。

プレスリリース

当社がガス工事を委託している工事会社による無届けガス工事への対応について

印刷する

2011年10月17日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、当社からの委託を受けてガス内管工事(*)(以下、ガス工事)を施工している株式会社西村商会(以下、西村商会)が、過去7年間で当社への工事の届出・完了報告が必要なガス工事8,277件の報告を行なっていなかったこと(無届けガス工事)を確認しました。
 当社は、昨年に発生した無届けガス工事の再発防止策として、工事会社に対するコンプライアンス教育やマニュアルの徹底、当社と工事会社との間の取引状況をチェックするシステムの構築などを実施しました。さらに、伝票等の詳細を確認する監査を継続して実施するなど管理の強化をはかってきました。本件は、この監査において、本年10月4日に確認したものです。
 本件の対策として、当社は早急にお客さまを訪問し、当社の定める基準に則った適正な工事がなされたかどうかの品質確認を行います。また、他の工事会社において同様のケースが無いかを確認するための特別監査を実施します。
 お客さまや関係者の方々には、ご迷惑およびご心配をおかけすることになりましたことを深くお詫び申し上げます。
  お客さまの敷地内におけるガス工事のこと
 
 当社では、ガス事業法で定められたガス工事に関する技術上の基準を遵守するために、適正に施工する体制・能力を有する工事会社にガス工事を委託すると共に、施工品質担保のために様々なルールを定め、教育などを継続的に行っています。また、工事内容の届出および工事完了の報告を工事会社に義務付け、当社はその内容を検査しています。西村商会は、この当社への工事内容の届出および工事完了の報告を行わず、工事を受注・施工していました。なお、西村商会が過去に行ったガス工事に起因する事故は発生していません。
 当社はこのような事態が再度発生したことを真摯に受け止め、以下の3点についての対応を行います。
(1) ガス工事の品質確認の実施
  過去に西村商会が無届工事を行った可能性のあるお客さまを訪問し、ガス工事の品質確認(配管状況および配管材料の目視確認、漏えい検査等)を実施します。
(2) 西村商会への対応
  当社に工事の報告をしていなかった工事管理責任者については、当社ガス工事資格を停止しています。今後、更なる処分を含む対応について検討します。
(3) 再発防止
  工事会社全店に対して、特別体制で平成24年3月末までに立入り点検を含む特別監査を実施します。
また、これまでの対策に加えて、更なる管理体制の強化を図ります。
 
お客さまのお問い合わせ先
(1)フリーダイヤル 0120-0-94817
(2)受付開始日 10月17日(月)
(3)受付時間 午前9時から午後7時(平日)
午前9時から午後5時(日・祝日)
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る