このページの本文へ移動します。

生活情報

いろんな鍋でおいしくご飯が炊ける!「火で炊く コンロでごはん生活」のサイトを開設しました

印刷する

2011年7月
大阪ガス株式会社

NO.11−03
 
 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、ご家庭のガスコンロでおいしくごはんを炊く方法を紹介するサイト「火で炊く コンロでごはん生活」を6月22日から開設しています。
 昔からおいしいごはんを炊くには、「はじめチョロチョロ、中パッパ」といわれるように、火加減が重要です。ガスの炊飯は、ガスの強い火力で鍋をつつみ込むように加熱するため、短時間で炊きムラがなく一粒一粒がたっている、いわゆる“おいしいごはん”が炊き上がるのが特徴です。
 今年2月に当社が実施したアンケートによると、ガス火で炊くごはんはおいしいというイメージをもつ人が全体の76.2%、実際にガスコンロで炊いたごはんはおいしいと回答した人が92.9%に達しています。
 また、最近では、家庭の節電対策としてもガスコンロを利用した炊飯が注目されています。ガスコンロでごはんを炊く場合、炊飯時間が約30〜40分(蒸らし時間含む)と短く、保温せずにその都度炊くことで、電気炊飯器の消費電力約1.2kW、年間で約230kWhの節電になります。経済産業省所管の(財)省エネルギーセンターもホームページなどで、家電製品を使用しない方法に切り替える一例として、電気炊飯器の代わりにガスコンロでごはんを炊くことを挙げています。
 
 「火で炊く コンロでごはん生活」のサイトは、ご家庭でおいしくごはんを召し上がっていただくため、お米の下準備にはじまり、鍋の選び方、鍋ごとの炊き方や火加減など上手なごはんの炊き方を詳しく紹介しています。また、炊き込みごはんなどのレシピも掲載しています。ぜひ、ご利用ください。
 
 「火で炊く コンロでごはん生活」のアドレスは、以下のとおりです。
 
火で炊く コンロでごはん生活  http://hidetaku.jp別ウィンドウで開きます
 
火で炊く コンロでごはん生活
▲ページトップ
【火で炊く コンロでごはん生活 トップページ】
http://hidetaku.jp別ウィンドウで開きます
火で炊く コンロでごはん生活 トップページ
 
2合炊飯時。1日1回炊飯し、電気炊飯器で12時間保温した場合との比較。電気炊飯器の消費電力約1.2kWは、定格消費電力(日本ガス協会調べ)
節電量は、年間電気使用量の約4%相当(戸建4人家族想定 年間購入電力量約5,389kWh)
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る