このページの本文へ移動します。

生活情報

「いただきますで育もう!調理力検定」サイトを開設します

印刷する

2011年3月
大阪ガス株式会社

NO.10−07
 
 大阪ガス(株)は、食育活動の一つとして、3月4日に、小学生を対象にしたウェブサイト「いただきますで育もう!調理力検定」を開設します。
 
 当社は、子どもたちが食を通じて健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるよう、食育活動を推進しています。「『いただきます』で育もう」をスローガンに掲げ、子ども向けの食育料理教室や小学校の食育学習教材の制作、教育関係者向けの食育セミナー等を通じ、料理をする楽しさや食事の大切さ、食を通じた社会・環境とのつながりについて理解を深めていただいています。
 このたび開設する 「いただきますで育もう!調理力検定」は、「調理力で健康!プロジェクト」と女子栄養大学の武見ゆかり教授の監修の下で制作したもので、子どもたちが、「食べること・自分で料理することの大切さ」「正しく火を使って調理する楽しさ」などをクイズ形式で気軽に学べるオリジナルのウェブコンテンツです。1回につき全10問の質問に回答できるようになっており、100点に到達するまで何回でも挑戦することが可能です。この調理力検定は、シリーズで企画しており、第1回の「食べるチカラ編」は、栄養や食事の知識を学び、日常生活の実践に導く内容です。今後、3月末までに、第2回「親子で一緒にクッキング編」も開設する予定です。教育関係者の皆さまに、食育の教育補助教材としてご活用いただくとともに、ご家庭においても親子で食について話し合う題材としてご活用いただきたいと考えています。
 
 今後も当社は、食育活動を通じて、子どもたちや教育関係者の皆さまに、食の重要性について考える機会をご提供し、次世代育成に努めてまいります。
 
「いただきますで育もう!調理力検定」の概要は、以下のとおりです。
 
1. 「いただきますで育もう!調理力検定」シリーズ
   
 
第1回「食べるチカラ編」
  栄養や食品に関すること、加熱の役割などについて学びます
   
第2回「親子でいっしょにクッキング編」
  調理による食材の変化をイメージさせることで調理への興味を引き出し、親子でクッキングにチャレンジします
「いただきますで育もう!調理力検定」シリーズ
▲ページトップ
2. 対象者
 
小学生高学年
教育関係者(学校教諭、栄養教諭、教育委員会等)
   
3. 検定概要
 
1回につき全10問の質問に回答し、自己採点します。100点になるまで挑戦可能です。
回答には、すべて解説があり、ひとりでも、親子でも楽しく学習できます。
終了後、名前入りオリジナル修了証を発行することができます
子どもがつくれるレシピ、献立を紹介します
   
<食べるチカラ編の問題例>
 
朝ごはんをきちんと食べると私たちの体にどういいの?
野菜は1日どれくらい食べるといいの?(解説参照)
血や筋肉をつくる働きのある料理はどれ?
食器の並べ方は?
 
食べるチカラ編の問題例
 
<修了証>
<修了証>
▲ページトップ
4. 「いただきますで育もう!調理力検定」 ウェブサイトアドレス
  大阪ガスホームページ https://www.osakagas.co.jp/shokuiku/index.html別窓で開きます
または、http://okids chouriryoku.jp/別窓で開きます
   
5. 監修
  武見ゆかり女子栄養大学教授
 
武見ゆかり女子栄養大学教授 東京都出身。慶應義塾大学文学部フランス文学専攻卒。編集者勤務を経て、1986年香川栄養専門学校栄養士科卒。1988年、女子栄養大学大学院栄養学研究科栄養学専攻修士課程修了。
女子栄養大学助手、専任講師、助教授を経て、2005年より女子栄養大学・大学院教授(食生態学研究室)、現在に至る。東京大学教育学部・慶應義塾大学看護医療学部非常勤講師。日本学術会議連携会員、内閣府「食育推進会議」委員、厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会」委員など。専門は、食生態学、公衆栄養学。管理栄養士。博士(栄養学) 。
 
管理栄養士や料理研究家の協力のもと、株式会社リンクアンドコミュニケーションが運営するウェブサイト。家庭内でおいしく健康的な食事をつくる力を「調理力」と定義し、自分の「調理力」の理解を深めるウェブコンテンツ「調理力検定」を制作し、公開している。
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る