このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

千葉県市原市におけるバイオマス発電所の商業運転開始について

2020年12月17日
伊藤忠商事株式会社
大阪ガス株式会社
株式会社三井E&Sエンジニアリング
市原バイオマス発電株式会社

 伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)、大阪ガス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)、株式会社三井E&Sエンジニアリング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:得丸茂、以下「三井E&Sエンジニアリング」)が共同出資する市原バイオマス発電株式会社(本社:千葉県市原市、代表取締役社長:稲葉裕次、以下「市原バイオマス発電」)は、本日、商業運転を開始いたしました。

 本発電所は、千葉県市原市の三井E&Sホールディングス千葉事業場内に位置し、燃料に木質ペレットおよびパーム椰子殻(PKS)を使用するバイオマス発電所(発電容量49.9MW)です。年間想定発電量は約3.5億キロワット時であり、一般家庭約12万世帯の年間消費電力量に相当する発電規模となります。*1

 2017年9月に事業化決定の発表を行った本発電所は、三井E&Sエンジニアリングが施工を進めてきました。今後、三井E&Sホールディングスのグループ会社が運転および保守、伊藤忠商事がバイオマス燃料の供給を行い、大阪ガスの発電所運営の知見を組み合わせることで、各社の強みを活かした安定的な発電所運営を行って参ります。

 4社は今後とも国内外における再生可能エネルギーを活用した事業を積極的に推進することで、地球温暖化の防止と循環型社会の形成に貢献して参ります。

【会社・事業概要】

【会社・事業概要】

注釈

【発電所 写真】

【発電所 写真】

以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る