このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

ウエストホールディングスとの再生可能エネルギー分野における新規事業の共同検討に関する基本覚書の締結について

2020年3月30日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、株式会社ウエストホールディングス(代表取締役社長:江頭栄一郎 、以下「ウエストHD」)と再生可能エネルギー分野で、新たな付加価値を創造する新規事業の共同検討に関する基本覚書を締結しました。

 共同検討する新規事業は、今後の環境意識の高まりを踏まえ、再エネ分野において「自家消費型太陽光発電(ソーラーPPA)*4」や「大型太陽光発電」の共同開発、「再エネ電気取引」などを想定しています。
 なお、詳細な内容につきましては、今後、両社で協議してまいります。

 大阪ガスは、2030年度までに国内外で再生可能エネルギー(以下、「再エネ」)電源を100万kW規模に開発・取得するという目標を早期に達成し、それを上回る電源の開発を目指しています。現在60万kW*1以上の再エネ電源*2を開発・運営しています。

 ウエストHDは太陽光発電を主力事業としており、総出力115万kWを超える太陽光発電所を開発するなど、太陽光発電事業の、企画・開発から施工・アフターメンテナンスに至るまで豊富な実績があります。また、地域金融機関と連携し、省エネ設備導入によるCO2削減量をJ-クレジット制度*3を活用し環境価値化し、地方自治体の環境保全や、子育て支援を目的とした取り組みを行うなど、SDGsの推進を図っています。

 Daigasグループは、引き続き再エネ電源の開発・運用などを通じて低炭素社会の実現に貢献してまいります。

*1: 建設中や既に意思決定済みのもの含む
*2: 太陽光発電所、陸上風力発電所、バイオマス発電所等
*3: 省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2などの排出削減量や適切な森林管理による吸収量を「クレジット」として国が認証する制度
*4: 「Power Purchase Agreement」の略で、発電者と電力消費者の間で締結する電力販売契約(太陽光発電PPA モデル)

▲ページトップ

【ソーラーPPAイメージ】

ソーラーPPAイメージ

【会社概要】
<大阪ガス>
会社名 大阪ガス株式会社
本社所在地    大阪市中央区平野町四丁目1番2号
代表者 代表取締役社長 本荘武宏
資本金 1,321億6,666万円
設立日 1897年4月10日
事業概要 ガスの製造・供給・販売、電力の発電・供給・販売 等
 
<Daigasエナジー>
会社名 Daigasエナジー株式会社
本社所在地    大阪市中央区平野町四丁目1番2号
代表者 代表取締役社長 田坂隆之
資本金 3億1,000万円
設立日 2019年10月1日
事業概要 業務用お客さま向けガス・電気の販売および保守等
 
<ウエストHD>
会社名 株式会社ウエストホールディングス
本社所在地    広島県広島市西区楠木町1-15-24
代表者 代表取締役社長 江頭栄一郎
資本金 20億2,091万円
設立日 2006年3月1日
事業概要 太陽光を利用した発電装置の設置および販売
電気の売買および仲介業 等

以上

Daigasグループの再生可能エネルギーへの取り組みを、下記Webサイトページで紹介しています。

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • DaigasグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る