このページの本文へ移動します。

長期使用製品安全点検制度について

2009年4月に消費生活用製品安全法(消安法)が改正され、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼす恐れが高い「特定保守製品9品目」について点検制度が設けられましたが、2021年8月に法改正が行われ、ガス機器が特定保守製品から除外されました。
法改正詳細については、下記経済産業省HPおよび「2021年8月の法改正について」をご確認ください。
(本制度に関する経済産業省HP:https://www.meti.go.jp/product_safety/producer/shouan/07kaisei.html

2021年8月の法改正について 長期使用製品安全点検制度について 所有者登録および点検通知
点検の詳細 点検時期お知らせ機能について

点検時期お知らせ機能とは

大阪ガスの「屋内設置型機器の一部」には、点検時期お知らせ機能が搭載されている機種が有ります。
点検時期お知らせ機能とは、特定保守製品の設計標準使用期間である「10年相当」のご使用をいただいたタイミングで作動し、 点検時期が到来したことをお知らせする機能です。機器故障ではございません。

点検時期お知らせ機能の表示方法

機器に搭載されているランプの点滅やリモコンに「88」や「888」を表示し、点検時期が到来したことをお知らせします。
点検時期お知らせ機能が作動しても、ガス機器はいつも通りご使用いただけます。
<表示例>

機 種 表示例
乾電池を使用している小型湯沸器やバランス式ふろがまなど

お知らせランプや電池交換ランプなどが点滅します。(緑・橙など)

  • ※機器故障をランプ点滅でお知らせする機種もございます。
    「ランプ点滅」かつ「ガス機器が使用できない」場合は機器故障でございますので、大阪ガスもしくは最寄りのサービスチェーンへご連絡をお願いします。
  • ※お知らせランプや電池交換ランプなどが点灯する場合は、電池交換を実施してください。

お知らせランプや電池交換ランプなど点滅例

※画像はサンプルです。

コンセント(100V)を使用している
給湯器・ふろがま

リモコンまたは機器本体の操作パネルの時計表示部分に「88」または「888」を表示します。

「88」または「888」の表示例

※画像はサンプルです。

※「点検お知らせ機能」の表示方法は取扱説明書にて確認できます。

点検時期お知らせ機能が表示されたら

故障ではございませんので機器はそのままご使用いただけますが、設計標準使用期間である「10年相当」のご使用をいただいておりますので、経年劣化により安全上支障を生じる可能性があります。
以下フローをご確認いただき、製造メーカーへご連絡の上、点検をお受けいただく事をおすすめします。

ガス機器に貼付されているラベルをご覧いただき、以下3点をご確認ください。
製造メーカーへご連絡いただく際に必要な情報となります。
※ラベルは一例です。

ラベル一例

→

大阪ガス
製品でない

恐れ入りますが、製造メーカーへご連絡いただき、点検をお受けいただきたくお願いします。

↓

大阪ガス
製品である

   

大阪ガスもしくは最寄りのサービスチェーンへご連絡いただき、点検をお受けいただく事をおすすめします。

→

点検を受ける

大阪ガスもしくは最寄りのサービスチェーンに点検お申し込みのご連絡をお願いします。

↓

点検を受けない

   

・点検時期お知らせ機能が作動したままでも、ガス機器を使用いただく事は可能です。

・お客さまのご要望があれば、「点検時期お知らせ機能」を解除する事も可能です。


どちらかの対応をご選択ください。

※設計標準使用期間である「10年相当」のご使用をいただいておりますので、
 点検をお受けいただく事を再度ご検討ください。

→

そのまま
使用する

「嫌なにおいがする」など、異常に気付かれた場合は、大阪ガスもしくは最寄りのサービスチェーンにご連絡ください。

↓

解除したい

   

「必要事項の入力画面へ進む」ボタンを押下いただき、遷移後の画面で
必要事項をご入力ください。

※お伝えするのは「一時的に解除する方法」となります。
※解除作業はお客さまご自身で実施いただく必要がございます。

   
必要事項の入力画面へ進む
   

ご連絡先


大阪ガスお客さまセンター

フリーダイヤル 0120-0-94817

受付時間:(月〜土)午前9時〜午後7時(日・祝日)午前9時〜午後5時

最寄りのサービスチェーン

以下リンク先で『点検対象機器設置場所』近隣のサービスチェーンをご確認の上、お申し込み下さい。

近隣のサービスチェーンを調べる

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る