このページの本文へ移動します。

長期使用製品安全点検制度について

2009年4月に消費生活用製品安全法(消安法)が改正され、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼす恐れが高い「特定保守製品9品目」について点検制度が設けられましたが、2021年8月に法改正が行われ、ガス機器が特定保守製品から除外されました。
法改正詳細については、下記経済産業省HPおよび「2021年8月の法改正について」をご確認ください。
(本制度に関する経済産業省HP:https://www.meti.go.jp/product_safety/producer/shouan/07kaisei.html

2021年8月の法改正について 長期使用製品安全点検制度について 所有者登録および点検通知
点検の詳細

所有者登録について

2021年8月の法改正に伴い、改正以降は所有者登録が不要となりました。法改正以前に商品を購入いただいたお客さまも、2021年8月以降は返送不要です。

点検通知について

2009年4月以降に製造された特定保守製品は、所有者登録が実施済であれば、点検時期に点検通知ハガキにてご連絡させていただきます。
※2021年8月の法改正により、2022年7月点検開始のお客さままで点検通知ハガキをお送りします。

(点検期間と法定点検の点検通知ハガキ発送のタイミング)
大阪ガスでは、点検期間を設計標準使用期間(製造年月から10年)の終期の前後1年(計2年間)と定め、所有者情報をご登録いただいたお客さまへ点検通知ハガキを点検期間の開始1ヵ月前に発送します。
(例)2009年4月製造品の場合 点検期間:2018年4月〜2020年3月
点検期間と法定点検の点検通知(例)
お手元に点検通知ハガキが届きましたら、下記の手順に沿ってご確認ください。

(1)対象製品の特定保守製品ラベルを確認してください。
(2)ラベルと「お客さまの製品登録情報」の製品型式・製造番号が一致するか確認してください。
(3)製品ラべルと製品登録情報が一致する場合は、引き続き安心してご使用いただくために、法に基づく点検(任意の有償点検)をおすすめします。

[点検通知ハガキ]2021年8月現在
長期使用製品点検お知らせDM

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る