このページの本文へ移動します。

事業活動|公益財団法人大阪ガス国際交流財団


事業計画

令和4年度事業計画書

1. はじめに

 令和3年度は令和2年度に引き続き新型コロナ影響で一部助成が実施できなかった。現時点でも新型コロナ影響の収束が見通せない状況ではあるが、令和4年度は、例年と同様の助成(令和元年度までの実績)を実施する計画とし、状況により実施段階で都度対応する。実施に当たっては、公益財団法人として関連法令を遵守しつつ事業活動を行い、助成先の人材育成、助成先との相互理解、国際親善に寄与することを目標とする。
 また、質の高い助成をできるだけ長く継続できるよう収支バランスを考慮しながら財団を運営する。

2. 助成事業

 以下の(1)〜(4)の助成を計画している(総額で約20,788千円)。
(前提為替レート;115円/ドル、8円/千ルピア)

(1)教育機材助成  助成金予算額:248,900千ルピア(円換算約1,991千円)

①ボンタン地域の小学校、中学校、高校への教育機材助成: 171,500千ルピア
 ボンタン地域への教育機材助成は、現地の教育委員会が推薦した内容を確認して行う。
 パソコン等IT設備、音響・映像設備、等。

②バンダアチェ地域への図書助成: 77,400千ルピア
 ジャンボミンダ財団が運営する図書館・移動図書館に図書および図書館設備を助成する。

(2)試験研究助成  助成金予算額:48,000ドル(円換算約5,520千円)

 以下の大学に対して各12,000ドルの試験研究助成を継続する。
 助成テーマについては、学内委員会によって選考されたテーマの研究計画書を財団で評価して決定する。

①インドネシア大学への試験研究助成: 12,000ドル
②バンドン工科大学への試験研究助成: 12,000ドル
③ボゴール農業大学への試験研究助成: 12,000ドル
④サラワク大学への試験研究助成  : 12,000ドル

(3)奨学金支給  助成金予算額:470,100千ルピア・41,400ドル(円換算約8,522千円)

 以下の学生(総合計342人)に対して奨学金を支給する。

①ボンタン地域の高校・大学の学生: 148,500千ルピア
 高校2校・技術専門校1校:125名(75,000ルピア/月・人)
 大学2校:20名(150,000ルピア/月・人)
②バンダアチェ地域の小学校・中学校・高校の学生: 105,600千ルピア
 65名(平均135,385ルピア/月・人)
③ムラワルマン大学の学生: 108,000千ルピア
 60名(150,000ルピア/月・人)
④シャクアラ大学の学生: 108,000千ルピア
 30名(300,000ルピア/月・人)
⑤サラワク大学工学部の学生: 26,400ドル
 12名(2,200ドル/年・人)
⑥東ティモール大学工学部の学生: 15,000ドル
 30名(500ドル/年・人)

(4)研修助成  助成金予算額:2,800千円・17,000ドル(円換算約4,755千円)

①インドネシア大学大学院生の日本語短期研修への助成: 2,800千円
インドネシア大学日本研究学科から大学院生2名を招聘し、独立行政法人 国際交流基金 関西国際センターで来日日本語短期研修を実施する。また、コロナにより来日研修が中止となった令和3年度分(2名)も計画する(令和3年度は、来日不可のためオンライン研修のみ実施)。

②サラワク州遠隔地校の教員及び生徒の英語研修への助成: 17,000ドル
マレーシア教育省は、サラワク州遠隔地校の教員及び生徒を対象にした英語集合研修への助成を要望している。サラワク州クチン周辺の小学校での教員ならびに学生の研修に継続して助成する。(令和3年度は実施できず)

(5)交流の促進、広報活動

・渡航可能になることを前提に、贈呈式や研究発表会に参加し、助成先との情報交換会を実施する。研究助成における研究者との交流や日本語研修における留学生との交流などを通じて、助成先と密なコミュニケーションを図ることにより国際交流を促進する。また、助成先と適宜WEBミーティング等を実施し相互理解を深める。(渡航不可の場合は、贈呈式等はできる範囲でオンラインにて実施する)

・本年度に財団が設立30周年を迎えるにあたり、記念誌の発行等、30周年事業を実施する。

・プレス発表、現地新聞等への広報活動、SNSでの発信等により、財団活動を広く一般に周知する。

・ホームページの更新により、最新の情報をタイムリーに発信する。

(6)調査、情報収集

・助成先や財団を取り巻く社会環境の変化や財団の資産の状況等を考慮しつつ継続して各助成先と協議を行い、既存の助成先や助成内容等を見直し次年度以降の事業計画に反映する。

・大阪ガスが南東アジア・大洋州地域の他の国においても事業展開を進めていることから、新たな支援先について検討する。

3. 資産運用(助成事業運営資産の一部取崩し等)

 財務面では、金融緩和により超低金利が続いており、期待する受取利息収入の確保が困難な状況が続くと予想され、令和4年度の収支予算では経常収支で▲14,479千円の赤字を見込んでいる。このため、助成事業の円滑な運営に支障が予想される場合には、必要に応じ助成事業運営資産(特定資産)を取崩した資金や有価証券の買い替えによる売却益を事業費及び管理費に充当する。
 また、資産の運用・管理に当たっては、資産運用委員会の答申や助言を踏まえながら実施する。

以上

 

(参 考)

令和4年度 支払助成金予算額内訳

助成事業項目
助成事業内容
現地通貨
日本円換算
(1)教育機材助成

①ボンタン地域の小学校、中学校、高校への教育機材助成

171,500千ルピア

1,372千円

②バンダアチェ地域への図書助成

77,400千ルピア

619千円

小計 1,991千円
(2)試験研究助成

①インドネシア大学

12,000ドル
×4

1,380千円
×4

②バンドン工科大学

③ボゴール農業大学

④サラワク大学

小計 5,520千円
(3)奨学金支給

①ボンタン地域:
普通高校 2校、
技術専門学校 1校
125名
(75,000ルピア/月・人)
大学 2校 20名
(150,000ルピア/月・人)

148,500千ルピア

1,188千円

②バンダアチェ地域
65名
(平均135,385ルピア/月・人)

105,600千ルピア

845千円

③ムラワルマン大学
60名
(150,000ルピア/月・人)

108,000千ルピア

864千円

④シャクアラ大学
30名
(300,000ルピア/月・人)

108,000千ルピア

864千円

⑤サラワク大学
12名
(2,200ドル/年・人)

26,400ドル

3,036千円

⑥東ティモール大学
30名
(500ドル/年・人)

15,000ドル

1,725千円

小計 8,522千円
(4)研修助成

①インドネシア大学大学院生の日本語短期研修への助成
(令和3年度中止分を含む)

(円貨)

2,800千円

②サラワク州遠隔地校の教員及び生徒研修への助成

17,000ドル

1,955千円

小計 4,755千円
助成金合計 20,788千円

(予算の前提為替レート:115円/ドル、8円/千ルピア)

 

令和4年度収支予算書


このページのトップへ戻る