このページの本文へ移動します。

Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

総合TOP>お知らせ一覧

その他のお知らせ

    電池駆動警報器用センサーが平成28年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞

    2016年03月31日
    大阪ガス株式会社

     大阪ガスが2015年5月に発売した世界初の電池式家庭用ガス警報器※1のガス検知部に用いられている「超低消費電力ガスセンサー技術」が、公益社団法人電気化学会の平成28年度技術賞(棚橋賞)※2を受賞しました。
     この賞は「電気化学および工業物理化学を基礎とする技術開発を行い、顕著な業績をあげた個人」に授与される、当分野で最も栄えある賞です。都市ガス事業者がこの賞を受賞するのは、今回が初めてとなります。
     
     この技術は、ガスセンサーの消費電力を従来の約600分の1以下に削減し、ガス警報器の長期間電池駆動を世界で初めて実現したものです。これによりコードレス化が実現し、設置場所の制約が解消されるため、お客さま宅の保安を守るガス警報器の一層の普及率向上に貢献するものと期待されています。ガス警報器の電池駆動化は、長年「夢の技術」と言われてきましたが、ガス検知材料を薄膜化するとともに半導体製造技術を活用し、センサーを超小型化することで、約16年の歳月をかけ実現しました。今回の受賞は、この技術の革新性が高く評価されたものです。
     
     当社は、今後もお客さまの安心・安全を支える技術開発を推進していきます。
     
    ガス検知材料「酸化スズ薄膜」の電子顕微鏡写真 
    ガス検知材料「酸化スズ薄膜」の電子顕微鏡写真
     
    超省電力メタンセンサーの断面図 
    超省電力メタンセンサーの断面図
     
     
    ※1  「世界初の電池式家庭用ガス警報器の開発について」(プレスリリース)
    https://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2015/1222923_15658.html別ウィンドウで開きます
       
      「世界初 電池式家庭用ガス警報器『ぴこぴこ』」開発者インタビュー
    https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/rd/interview/08/index.html別ウィンドウで開きます
       
    ※2  電気化学会技術賞(棚橋賞)
      「センサー」だけでなく、「一次・二次電池」、「燃料電池」、「キャパシター」、「腐食・防食」、「電解技術」、「光化学」、「エネルギー変換材料」、「電子材料」、「マイクロデバイス」など幅広い分野を統括する公益社団法人電気化学会によって授与される当分野で最も栄えある賞。これまでに、リチウムイオン電池・フラッシュメモリー・LED材料など、社会の発展に大きく貢献するものと認められた技術に対して贈られてきた。
       
      公益社団法人電気化学会ホームページ
    http://www.electrochem.jp/index.html別ウィンドウで開きます
     
     
    以上

ページトップ

このページのトップへ戻る