このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大阪ガスとJR西日本、気象予測とデータサイエンスで協業。湖西線に高精度な強風予測システムを試験導入。

PDFで見る 

2022年6月15日
大阪ガス株式会社
西日本旅客鉄道株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原 正隆、以下「大阪ガス」)と西日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:長谷川 一明、以下「JR西日本」)は、JR西日本湖西線沿線において、両社で共同開発した強風予測システムを試験導入します。

 大阪ガスとJR西日本は、2019年より強風予測に関する共同研究を行ってきました。今回、大阪ガスの気象予測技術と、JR西日本のAI開発技術を掛け合わせることで、湖西線沿線において従来よりも高精度に強風予測ができるシステムを開発し、本日、湖西線沿線において試験導入を行うための契約を締結しました。
 今後、湖西線で強風が見込まれる場合における列車運行の安全性の更なる向上、また運転規制(運転見合わせや徐行)時における代行輸送の確保やお客さまへの円滑な周知を目指し、本導入に向けて検証を進めてまいります。また、他の路線や鉄道会社への展開、道路関係事業者などの風により影響を受ける分野への展開も視野に入れています。

 大阪ガスは、2008年から独自手法による気象予測を開始し、AIの活用による精度向上にも取り組んでいます。2018年には気象予報業務の許可を取得しており、本件はそれを活用したサービスの第一号案件です。
 JR西日本は、2017年から本格的にデータサイエンスの取り組みを開始しました。2020年には「データソリューション室」を設立し、データ分析やAIを用いた業務変革を進めています。

 大阪ガスとJR西日本は、お互いの強みを掛け合わせて生まれた強風予測システムの活用により、鉄道の安全性と利便性の向上に貢献してまいります。

1.強風予測システムの概要

強風予測システムの概要

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る