このページの本文へ移動します。

プレスリリース

「ガスビル保存検討委員会」検討状況について~ガスビルの歴史的価値の継承と活用の基本的な方向性~

PDFで見る 

2022年6月15日
大阪ガス株式会社
大阪ガス都市開発株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:藤原 正隆)および大阪ガス都市開発株式会社(社長:友田 泰弘)は、2022年4月26日発表※のとおり、当社グループ社有地での複合ビル開発と、大阪ガスビルディング(以下、「ガスビル」)のリノベーションについて検討しております。
※2022年4月26日発表「ガスビル西側での複合ビル開発とガスビルのリノベーションの検討開始について」ご参照
Webページはこちら別ウインドウで開く

 今般、当委員会において、基本的な方向性がまとまりましたので、お知らせいたします。
 この方向性に基づき、今後具体的な検討を進めてまいります。

<基本的な方向性>

歴史的価値の高い南館・北館⼀体的な外観構成および竣工当時の趣を残す内部を基本的に保存する。
   
ガスビルは、より多くの市民の方にご利用いただけるよう、現状の自社ビル用途から、にぎわい施設や賃貸オフィスとして用途変更する。

詳細は、以下の添付ファイルをご参照願います。

「ガスビル保存検討委員会」検討詳細別ウインドウで開く

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る