このページの本文へ移動します。

プレスリリース

ガスビル西側での複合ビル開発とガスビルのリノベーションの検討開始について

PDFで見る 

2022年4月26日
大阪ガス株式会社
大阪ガス都市開発株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:藤原 正隆)は、大阪ガス都市開発株式会社(社長:友田 泰弘)が所有する大阪ガスビルディング(以下、「ガスビル」)の西側の当社グループ社有地(以下、「西用地」)での複合ビル開発と、ガスビルのリノベーションについて検討を開始します。

 西用地は、現在は駐車場等として利用していますが、保有資産の価値向上を目的に、外部テナントへの賃貸によりオフィスと商業用途に使用する複合ビル(以下、「西新ビル」)の建設を検討します。Daigasグループ本社機能の西新ビルへの移転・集約についても、あわせて検討します。

 ガスビル(南館:1933年竣工、北館:1966年竣工)は、歴史的建築物として保存し、より市民の皆さまにご利用いただき、御堂筋のさらなるにぎわい創出に寄与するよう、用途拡大等に向けたリノベーションを検討します。なお、ガスビルの保存方法については、保存検討委員会を設け、学識経験者のご意見を伺いながら、検討を進めます。

 今後、関係行政等と協議しながら、具体的な計画を策定してまいります。

位置図、外観(イメージ図)

ガスビル(大阪ガスビルディング)概要

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る