このページの本文へ移動します。

プレスリリース

Etrion社が所有するメガソーラー発電所の取得について

PDFで見る 

2021年6月22日
関西電力株式会社
大阪ガス株式会社
株式会社日本政策投資銀行

 関西電力株式会社(以下、関西電力)、大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)、株式会社日本政策投資銀行(以下、DBJ)は、カナダの再生可能エネルギー(以下、再エネ)発電事業者であるEtrion Corporationが国内で所有する雫石太陽光発電所、ハル水戸太陽光発電所および小松太陽光発電所の3発電所(以下、本発電所)を本日取得しました。

 本発電所の概要は、以下の通りです。なお、本発電所の取得は、関西電力が40%、大阪ガスが20%、DBJが40%をそれぞれ出資する特別目的会社を通じて行いました。

本発電所の概要

 関西電力グループは、ゼロカーボンエネルギーのリーディングカンパニーとして、再エネ電源の普及拡大に向けた取り組みなどを通じて、2050年のゼロカーボン社会の実現に貢献してまいります。

 Daigasグループは、太陽光、風力、バイオマスといった多種多様な再エネ電源を保有する強みを生かし、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、お客さまとともに地球規模での環境貢献に寄与する取り組みを推進します。

 DBJは、国内外の太陽光発電や風力発電プロジェクトなどの再エネ電源に対するリスクマネー供給を通じ、2050年カーボンニュートラルに向けたお客様の取り組みを支援してまいります。

 3社は今後も引き続き、地域の皆さま方のご理解を賜りながら、再エネの普及・拡大に貢献してまいります。

  PCS(Power Conditioning Subsystem)
太陽光発電所で発電した電力(直流)を家庭等で利用するために交流に変換する機械。数値は交流変換後。PCS容量が系統電力へ送電可能な最大電力となる。

(発電所写真)

発電所写真

【関係会社の概要】

関係会社の概要

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る