このページの本文へ移動します。

プレスリリース

米国ベンチャーファンド WiL Ventures III, L.P. への出資について

PDFで見る 

2021年6月1日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原 正隆)は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルWiL, LLC(CEO:伊佐山 元、以下「WiL」)が運営するベンチャー投資ファンド「WiL Ventures III, L.P.(以下「WiL Ventures III」)」に出資する契約を本日締結しました。

 WiLは、2013年に設立されたファンドマネジメント会社で、ベンチャー企業への豊富な投資経験とIoTやウェブサービスなどの先進的な技術、サービスの知見を元に、日本大手企業との新規事業を創出するとともに、イノベーションの推進に必要な人材の育成支援も行っています。WiL Ventures IIIは、主な投資分野にデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)関連分野やサステナビリティ分野を含み、イノベーションを目指す日本の複数の大手企業などが出資するベンチャー投資ファンドです。

 Daigasグループは、長期経営ビジョン*1において「お客さまの期待を超える商品・サービス」の提供を掲げています。2018年4月にはイノベーション本部を創設するとともに、「WiL Fund II, L.P.」に出資*2し、Daigasグループのニーズに合致したベンチャー情報探索、新規事業創出およびイノベーションマインド醸成などのイノベーション活動を推進してきました。さらに、2021年4月には「DX推進委員会」を新設し、トップマネジメントのもと、DXをスピード感をもって進め、中期経営計画2023で掲げたミライ価値*3の創造に取り組んでいます。
 今後、WiL Ventures IIIへの出資を通じたイノベーション活動の継続と、日米を中心としたDX関連分野を含むスタートアップへの出資・連携を図るとともに、WiLの新規事業創出に関する知見を活用することで、IoTやAIなどのデジタル技術を活用したより便利なサービスやビジネスソリューションの実現を目指します。

 Daigasグループは、今後もデジタル技術の活用を推進し、お客さまの暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指してまいります。

*1 「Going Forward Beyond Borders 2030」
*2 2018年4月26日「米国ベンチャーファンド WiL Fund II, L.P. への出資について」で公表済
Webページはこちら別ウインドウで開く
*3 「低・脱炭素社会の実現」、「Newノーマルに対応した暮らしとビジネスの実現」、「お客さまと社会のレジリエンス向上」

1.WiL, LLCの概要

WiL, LLCの概要

2.WiL Ventures III, L.P.の概要

WiL Ventures III, L.P.の概要

Daigasグループが持つ技術力やグローバルに展開する事業活動を、Webサイトページ「ENTERPRISE FUTURE」で紹介しています。

以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る