このページの本文へ移動します。

Daigas Group 大阪ガスグループは、Daigasグループへ。

総合TOP>お知らせ一覧

その他のお知らせ

    文部科学省 「青少年の体験活動推進企業表彰」
    食育プログラム「和食だし体験講座」が審査委員会奨励賞を受賞

    2019年02月28日
    大阪ガス株式会社

    ロゴ ロゴ
     大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏)の食育体験プログラム「和食だし体験講座」が、文部科学省が主催する「青少年の体験活動推進企業表彰」の審査委員会奨励賞を受賞しました。
     同賞は、企業がCSR(社会的責任)や社会貢献活動の一環として行った青少年の体験活動を表彰するもので、ガス会社としては初めての受賞になります。
     
     大阪ガスは、「『いただきます』で育もう」をスローガンに、長年培ってきた食育活動の一環として、和食がユネスコ世界遺産に登録されたことを契機に、2017年、「和食だし体験講座」プログラムを開設しました。
     同講座では、味の決め手となる“だし”を体験、昆布とかつお節などの産地や種類、健康への効果などを学び、簡単でおいしい和食を調理することを体験します。
     地域とつながり、共創する体験的、総合的食育プログラムとして、行政、大学、教育委員会など各種団体からも高い評価を受け、食育体験活動として幅広く展開したことで、農林水産大臣賞に続き、今回は、文部科学省からの上記受賞にいたりました。
     「和食だし体験講座」は、小学校への出張講座を中心に、2017年度は191回 5,643名の参加、2018年度は4〜12月累計262回8,568名にご参加いただきました。
     
     Daigasグループでは社会貢献活動の一環として、食育などの次世代教育に引き続き取り組んでまいります。
     
     文部科学省から、紹介された内容は下記のとおりです。
     http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/__icsFiles/afieldfile/2019/01/21/1412630_02.pdf別ウインドウで開く
     
     和食だし体験講座については、下記のHPをご参照ください。
     https://www.osakagas.co.jp/shokuiku/wadashi.html別ウインドウで開く
     
    写真
     
    和食だし 体験講座
     
    以上

ページトップ

このページのトップへ戻る