このページの本文へ移動します。

プレスリリース

米国フェアビュー天然ガス火力発電所の商業運転開始について

PDFで見る 

2019年12月10日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏)が、米国子会社を通じて50%の出資権益を保有する米国フェアビュー天然ガス火力発電所は、12月9日(米国現地時間)に商業運転を開始しました。

 当社は、2017年3月に本案件へ参画後、現地に人員を派遣し、Competitive Power Ventures社とともに、2020年3月の完工を目指して建設工事を進めてきました。建設工事は順調に進み、当初予定よりも3か月早い商業運転開始となりました。

 本発電所はペンシルベニア州に所在し、発電効率約60%(※1)の高効率システム(コンバインドサイクル方式)を採用した出力105万kWの発電所です。発電された電力は、北米最大のPJM電力卸売市場(※2)を通して、同州の100万戸を超える家庭や企業に供給されます。

 Daigasグループは、長期経営ビジョン「Going Forward Beyond Borders 2030」において、海外エネルギー事業の展開を加速していくことを目指しています。本件は、北米電力事業強化の中核をなすものであり、プロジェクトへの燃料調達や電力市場への電力販売など、米国における発電事業ノウハウの蓄積を進め、主体的に発電事業を推進し、さらなる事業拡大を図ってまいります。

  (※1)   発電効率:送電端・LHV基準(低位発熱量基準)
  (※2)   PJM電力卸売市場:米国北東部13州およびワシントンD.C.の全部または一部の電力市場。  独立系統運用者により管理されている。

1.本事業の概要

2.事業参画各社の概要

3.事業スキーム図

<フェアビュー発電所の所在地と北米におけるDaigasグループ保有電源>

フェアビュー発電所の所在地と北米におけるDaigasグループ保有電源

以上

Daigasグループが持つ技術力やグローバルに展開する事業活動を、Webサイトページ「ENTERPRISE FUTURE」で紹介しています。

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る