このページの本文へ移動します。

プレスリリース

堺市南区においてICTを活用した高齢者の「あんしん見守りサポート」の実証プロジェクトを開始します

PDFで見る 

2024年1月29日
堺市
大阪ガスセキュリティサービス株式会社
NTT PARAVITA株式会社
大阪ガス株式会社
西日本電信電話株式会社 関西支店

堺市(市長:永藤英機)、大阪ガスセキュリティサービス株式会社(代表取締役社長:遠山雅夫、以下OSS)、NTT PARAVITA株式会社(代表取締役社長:中野康司、以下NTT PV)、大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原正隆、以下大阪ガス)、西日本電信電話株式会社 関西支店(関西支店長:小川成子、以下NTT西日本)は、SENBOKUスマートシティコンソーシアム※1の取り組みとして、堺市が設置している緊急通報システムを利用する堺市南区在住の高齢者世帯を対象に、ICTを活用した「あんしん見守りサポート」実証プロジェクトを開始します。

1 目的
   超高齢社会が進行する中で、独居の高齢者や高齢者のみの世帯がとくに堺市南区では多くなっており、急な体調変化が起きた際など緊急時の対応に不安を感じている人が増えています。
 堺市では、ひとり暮らしの高齢者等に緊急事態が発生したときに備えて、ボタンを押すと簡単に消防局等に通報できる緊急通報システムを希望する高齢者宅に設置しています。今回の実証プロジェクトでは、高齢者が住み慣れた場所でいつまでも安心して過ごすことができる地域社会の実現をめざし、同システムに、生活リズムや睡眠のモニタリングができるICTを活用した2種類のセンサーを組み合わせ、一体的にサービスを提供することによる高齢者の見守りや健康管理等の効果を検証します。
 
2 対象者
  緊急通報システムを利用いただいている堺市南区在住の高齢者20名
 
3 スケジュール
  (参加者募集期間) 2024年2月1日~2024年2月20日
(実証期間) 2024年3月1日~2024年6月30日
 
4 参加費
  無料
※機器類の使用に関する電気料金及び通信費は参加者の負担になります。
 
5 概要
   緊急通報システムを利用している堺市南区在住の高齢者宅を対象に、大阪ガスの人感センサー機能を備えたIoT対応ツナガルde警報器「スマぴこ」と、NTT PVのシート型睡眠センサー「Active Sleep Analyzer」を設置します。昼間の時間帯は高齢者の宅内移動の有無を人感センサーで探知し、夜間の時間帯(睡眠時)は高齢者の就寝状態を睡眠センサーにより計測します。
 高齢者本人に通常の生活を送っていただきながら、昼夜を問わず生活パターンや睡眠状態を見守り、24時間体制で緊急時等に迅速な対応ができる体制の確保に加えて、睡眠改善アドバイス、病気の早期発見、健康管理等を行うサービス「あんしん見守りサポート」の実証を行います。
 異常探知時の高齢者のご家族等への連絡、看護師による電話での健康相談等を一体的に提供し、高齢者が安心・安全に暮らせる仕組みの構築をめざします。

概要

注: 本取り組みは、本人や家族による健康状態のセルフチェックや見守りを目的としたものであり、個人の行動の監視や、医療的な行為を行うものではありません。

6 今後の展開
   堺市は、市域におけるスマートシティの一環として、民間企業との連携を通じた「福祉×ICT」による取り組みを推進し、高齢者の方が安心に暮らせる支援を継続的に進めてまいります。
 OSS、NTT PV、大阪ガスおよびNTT西日本は、SENBOKUスマートシティコンソーシアム(ヘルスケアワーキング)の取り組みとして、データやエビデンスに基づいた健康増進の活動を今後も推進します。また、楽しみながら、健康寿命の延伸や生活の質を向上させ、いつまでも健康で長生きしてもらえるように、「元気高齢者」であり続けるために、得られた日々のデータをもとにしたカウンセリング、健康指導などにより、自らの健康への意識を高め、高齢者の更なる健康増進を図れる取り組みを、堺市と協働で推進してまいります。
 
※1: 2022年6月27日に設立され、泉北ニュータウン地域のスマートシティ化を公民連携でめざすコンソーシアム。ヘルスケア・モビリティ・エネルギー・スマートタウン・データ連携の5つのワーキングで構成されており、2024年1月現在の会員数は約150者。

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて

購読する

PAGE TOP