このページの本文へ移動します。

プレスリリース

ACE社との豪州における大規模集中型太陽光発電事業および蓄電池事業の共同開発について

PDFで見る 

2023年10月3日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原 正隆)は、当社100%子会社であるOsaka Gas Energy Oceania Pty Ltd(以下「OGEO」)を通じ、豪州の再生可能エネルギー(以下「再エネ」)電源開発事業者であるACE Power Development Pty Ltd(以下「ACE社」)と、豪州東部にて合計30万kW超の大規模集中型太陽光発電事業、および合計50万kW超の蓄電池事業を共同開発すること(以下「本事業」)に合意しました。本件は、Daigasグループとして初めての豪州における大規模集中型太陽光発電事業および蓄電池事業への参画です。

 豪州は2050年目標として温室効果ガス排出量ゼロを掲げており、再エネ導入が進んでいます。ACE社は、豪州ニューサウスウェールズ州に拠点をおく再エネ電源開発事業者で、豪州最大の電力市場である豪州東部電力市場を中心に、太陽光発電所や風力発電所、および蓄電池事業を開発してきた実績を持ちます。

 本事業では、クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州における大規模集中型太陽光発電所の開発と、再エネ導入に伴う電力系統の不安定化に対応する調整力として蓄電池の開発を検討しております。

 OGEOとACE社の100%子会社であるACE Genesis HoldCo Pty Ltdは、今後、案件ごとに合弁会社を設立し、本事業に係わる許認可や系統接続許可の取得、および電力販売契約の締結等の事業開発を行う予定です。

 Daigasグループは、2030年度までに、自社開発や保有に加えて、他社からの調達も含めて、国内外で500万kWの再エネ電源の普及に貢献することを目指しています。今後は蓄電池事業の拡大も通じて、再エネの導入加速と電力系統の安定化に貢献するとともに、社会課題である脱炭素社会の実現に取り組んでまいります。

<会社概要>
■ACE社

会社概要

<豪州での事業エリアのイメージ>

豪州での事業エリアのイメージ

<事業スキーム図>

事業スキーム図

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Daigasグループの「2050年脱炭素社会実現」に向けた挑戦
Daigasグループカーボンニュートラル 特設サイトはこちら

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて

購読する

PAGE TOP