このページの本文へ移動します。

プレスリリース

米国におけるOriden社との太陽光発電所の共同開発について

PDFで見る 

2022年5月11日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原 正隆)は、当社100%子会社であるOsaka Gas USA Corporation(以下「OGUSA」)を通じ、米国の再生可能エネルギー(以下「再エネ」)発電開発事業者であるOriden LLC(以下「Oriden」)と、米国で計70万kW(PCS容量*1:約60万kW)以上の複数の太陽光発電所を共同開発*2することに合意しました。
 今後、同社と共同で、発電所を建設するための土地の確保、許認可の取得、送配電事業者の送電系統に接続するための対応など、発電所の建設を開始するまでの開発を行う予定です。

 Oridenは、米国ペンシルベニア州に拠点をおく、三菱重工グループの再エネ発電開発事業者であり、現在、複数の太陽光発電所の開発を行っています。2021年9月に米国三菱重工業株式会社(以下「MHIA」)と共同でBrighter Future 太陽光発電所*3をOridenから取得したことが契機となり、今回の共同開発の合意に至りました。

 OGUSAは米国エネルギー事業において、フリーポートLNG液化事業、シェールガス開発事業、発電事業を3本の柱として位置づけ、収益拡大を進めています。
 発電事業においては、天然ガス火力発電事業に加え、再エネ事業に参画することで、低・脱炭素社会の実現に貢献します。

 Daigasグループは2050年のカーボンニュートラル実現を目指し、2030年度までに、自社開発や保有に加えて他社からの調達も含めて、国内外で 500万 kWの再エネ電源の普及を目指しており、今後も再エネの普及拡大を進めることで、低・脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

*1: PCS(Power Conditioning Subsystem):太陽光発電所で発電した電力(直流)を家庭等で利用するために交流に変換する機械。数値は交流変換後。PCS容量が系統電力へ送電可能な最大電力となる。
*2: 1案件当たり15万kW~35万kW程度 を予定(一部の案件で蓄電池を含む)
*3: 2021年9月にMHIAと共同で参画。2022年1月に商業運転開始。

<Oridenの概要>

Oridenの概要

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る