このページの本文へ移動します。

プレスリリース

長崎県五島市沖 海洋再生可能エネルギー発電設備整備促進区域国内初の公募占用計画の認定-浮体式洋上風力発電所の実現に向けて-

PDFで見る 

2022年4月26日
五島フローティングウィンドファーム合同会社
戸田建設株式会社
ENEOS株式会社
大阪ガス株式会社
株式会社INPEX
関西電力株式会社
中部電力株式会社

 五島フローティングウィンドファーム合同会社(以下、「本合同会社」)は、本日、経済産業省及び国土交通省より、再エネ海域利用法に基づき建設する洋上風力発電所として、国内で初めて公募占用計画の認定を受けました。

 本合同会社は、戸田建設株式会社(代表取締役社長 大谷 清介)、ENEOS株式会社(代表取締役社長 齊藤 猛)、大阪ガス株式会社(代表取締役社長 藤原 正隆)、株式会社INPEX(代表取締役社長 上田 隆之)、関西電力株式会社(取締役代表執行役社長 森本 孝)、中部電力株式会社(代表取締役社長 林 欣吾)の6社が構成するコンソーシアム(以下、「本コンソーシアム」)が、2021年6月11日に「長崎県五島市沖 海洋再生可能エネルギー発電設備整備促進区域」における事業者の公募において選定事業者に決定されたことを受け、2021年10月6日に本コンソーシアムにて設立されたもので、今後同促進区域内における浮体式洋上風力発電所の実現に向けて2022年9月の工事着手、2024年1月の商業運転開始を目指しています。

 本合同会社は、国内のカーボンニュートラルの実現に寄与する浮体式洋上風力発電事業の早期普及に向け、ウィンドファームの建設及び運営に注力していくとともに、本事業を通じて地域社会の発展に貢献してまいります。

※海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律

以上

別紙

長崎県五島市沖における促進区域の概要について

長崎県五島市沖における促進区域の概要について

完成予想図

位置図

風車概要図

【出資参画企業の概要】

出資参画企業の概要

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る