このページの本文へ移動します。

プレスリリース

東洋紡岩国事業所において石炭火力発電所の燃料転換によりCO2排出量8.0万トン/年削減に貢献~天然ガスとRPFを燃料とする低炭素発電所の建設工事を開始~

PDFで見る 

2021年11月30日
大阪ガス株式会社
Daigasエナジー株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:藤原正隆、本社:大阪市中央区、以下「大阪ガス」)の100%子会社であるDaigasエナジー株式会社(社長:井上雅之、本社:大阪市中央区、以下「Daigasエナジー」)は、東洋紡株式会社(社長:竹内郁夫、本社:大阪市北区、以下「東洋紡」)の岩国事業所(山口県岩国市)において、石炭火力発電所(1972年竣工、10,480kW)から天然ガスおよびRPF*1を燃料とする火力発電所に更新する工事を2021年11月に着工しましたので、お知らせいたします。新設する発電所は2023年10月に運転開始を予定しています。
 なお、本件は、経済産業省の「令和2年度 省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」*2に採択され、東洋紡と共同で実施するものです。

 本件では、岩国事業所内に、天然ガスとRPFを燃料とし、省エネ、低炭素化に資する高効率発電システムをエネルギーサービス契約*3により新設し、電気と熱を供給します。新設する発電所により、脱石炭の実現と本システムから発生する高温排ガス、LNGの冷熱を有効利用する省エネ制御を行うことで、年間約8.0万トンのCO2排出量を削減し、環境負荷の低減に貢献します。

 Daigasグループは、これまでの天然ガス利用拡大の取り組みに加えて、メタネーション*4などによる都市ガス原料の脱炭素化、再生可能エネルギー導入を軸とした電源の脱炭素化によって、「2050年のカーボンニュートラル実現」を目指しています。
 Daigasエナジーでは、産業用・業務用のお客さまがモノづくりの現場で抱える課題や潜在的ニーズを、あらゆる角度から洗い出し、お客さまとともに課題解決策を共創し、地域・社会に貢献する最適なサービスをご提供しています。
 今後もグループ全体でカーボンニュートラル実現に向けた技術・サービス開発を行い、お客さまとともに地球規模での環境貢献に寄与する取り組みを推進し、暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指してまいります。

(*1):   Refuse derived Paper & Plastic densified Fuelの略。古紙および廃プラスチック類を主原料とした固形燃料。
(*2):   事業者が計画したエネルギー使用合理化の取組のうち、省エネルギー性能の高い設備の導入に要する経費の一部を補助する事業。
(*3):   エネルギー設備をお客さまにご購入いただくのではなく、Daigasエナジーがお客さまの敷地内に設備を持ち込み、お客さまのイニシャルレスを実現することができる契約。
本件では、三井住友ファイナンス&リース株式会社が設備を保有し、Daigasエナジーがリースを受けた上でお客さまにエネルギー加工サービスを実施。
(*4):   水素とCO2から都市ガス原料の主成分であるメタンを合成する技術。

■事業概要
事業者   東洋紡、Daigasエナジー
設置場所   東洋紡 岩国事業所内(山口県岩国市灘町1番1号)
設置機器   高効率ガスタービン発電システム、RPFボイラ、パッケージボイラ、蒸気タービン、LNGサテライト設備
発電出力   16,420kW (既設蒸気タービン 2,880kW含む、発電所全体の出力)
想定CO2削減量   約8.0万トン/年(2013年度比)

■岩国事業所外観

岩国事業所外観

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る