このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大阪ガス、阪神甲子園球場、阪神タイガースはカーボン・オフセットにより『ウル虎の夏』期間に阪神甲子園球場で開催される阪神タイガースの試合で排出されるCO2をオフセットします!

PDFで見る 

2021年6月7日
大阪ガス株式会社
阪神電気鉄道株式会社
株式会社阪神タイガース

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:藤原正隆 以下、「大阪ガス」)、阪神電気鉄道株式会社(代表取締役社長:秦雅夫)、株式会社阪神タイガース(代表取締役社長:藤原崇起 以下、「阪神タイガース」)は、J-クレジット制度※1を活用して、阪神甲子園球場で開催される『ウル虎の夏』※2期間の阪神タイガース主催試合で排出されるCO2※3(80t~90t-CO2)を、オフセット(別紙1)します。
カーボンオフセットって?

 これは、阪急阪神ホールディングス株式会社が昨年5月19日に公表した「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言※4」において定めた6つの重要テーマのうち、「環境保全の推進」について、阪神甲子園球場と阪神タイガースが、銀傘(球場の大屋根)への太陽光発電の設置や球場内で販売する飲料のプラスチックカップのリサイクル推進等の従来の取組みに加えて(別紙2)、大阪ガスによる賛同・支援の下、実施するものです。
 更に、『ウル虎の夏』期間中は、阪神電車の全線(本線、阪神なんば線、武庫川線及び神戸高速線)の各駅の自動構内放送や、試合中の球場ビジョン(スコアボード)に近本選手(大阪ガス出身)が登場し、カーボン・オフセットのPRとCO2排出量の削減に向けた呼掛けを行うことにより、多くのお客様に地球温暖化防止などの環境問題への関心を高めていただきたいと考えています。

 大阪ガスは、今年1月25日に「Daigasグループ カーボンニュートラルビジョン」を発表し、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた技術・サービス開発を行い、お客さまとともに地球規模での環境保全に寄与する取組みを推進しています。国内の法人のお客さまの他燃料から環境にやさしい都市ガスへの燃料転換、高効率なガスコージェネレーションシステム※5やガス冷暖房などの導入、及び再生可能エネルギーの普及を推進しており、CO2排出量削減に貢献しています。今回は、兵庫県内の法人のお客さまから取得したクレジットを用いて、期間中の阪神甲子園球場開催試合で排出されるCO2をオフセットします。

 大阪ガス、阪神甲子園球場、阪神タイガースは、CO2削減をはじめとする環境保全に寄与する取組みを通じて、これからも積極的に社会に貢献していきます。

【近本選手からのコメント】
 僕がタイガースに入団する前にお世話になっていた大阪ガスさんと、このような形で一緒に取り組んでいけることを嬉しく思います。これを機に、僕自身も様々な環境問題に目を向けて、日常の中で自分たち一人一人ができることに取り組んでいきたいと思います。

本文中の用語解説

本文中の用語解説

以上

▲ページトップ

<別紙1>

・カーボン・オフセットとは
 日常生活や経済活動などにおいて避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、できるだけ排出量が減るよう削減努力を行ったうえで、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

・カーボン・オフセットの概要
 「CO2を減らす(削減・吸収)活動」は、環境省・経済産業省・農林水産省が合同で運営する「J-クレジット制度」において、適切な計画とモニタリングにより、「CO2クレジット」として認証を受けることができます。
 「CO2を出してしまう活動」は「CO2クレジット」を購入又は支援を受けることで、カーボン・オフセット(CO2の埋合せ)を行い、今回の取組みのように「CO2排出量を実質ゼロとし、地球温暖化防止に貢献」していることをPRすることが可能となります。

【本カーボン・オフセットの概要】

本カーボン・オフセットの概要

▲ページトップ

<別紙2>
・阪神甲子園球場における環境への取組みについて

阪神甲子園球場における環境への取組みについて

阪神甲子園球場における環境への取組みについて

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る