このページの本文へ移動します。

プレスリリース

マンションライフに新しい付加価値を提供する『たかつきMe:LIFE(ミライフ)』始動 ~関西初!ガス衣類乾燥機「乾太くん」全戸設置~

PDFで見る 

2021年2月19日
大阪ガス株式会社
大阪ガス都市開発株式会社

 大阪ガス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:藤原 正隆、以下「大阪ガス」)の100%子会社の大阪ガス都市開発株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:友田泰弘、以下「大阪ガス都市開発」)は、新型コロナウィルスの影響があるなかでマンションライフに新たな付加価値を提供する『たかつき Me:LIFE(ミライフ) 』を企画し、第一弾として、新築分譲マンション「シーンズ高槻真上町(以下「本物件」)を分譲いたします。

たかつきMe:LIFE

 大阪ガス都市開発は、定期的に入居者の方へアンケートやヒアリングを実施し、お客さまの声を取り入れた商品づくりを行っています。昨今は新型コロナウィルスの影響による在宅時間の増加に伴うお困りごとやニーズも増えています。そういったご要望にお応えすべく、『たかつきMe:LIFE(ミライフ) 』では「ラク家事」「置き配」「レジリエンス」といったキーワードをもとに利便性・快適性・安心性向上を追求した新しいライフスタイルを提案します。

 本物件にはガス衣類乾燥機や住戸前専用宅配ボックスを採用し、また環境や防災への対応として、家庭用燃料電池「エネファーム」や防災備蓄倉庫等の設置を進めます。今後もお客さまの更なるマンションライフの価値向上に向けて引き続き取り組んでいきたいと考えています。

 Daigasグループは、お客さまの暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指して、今後も商品やサービスの開発を行ってまいります。

1.注目の高槻エリア
 リモートワークとオフィス勤務の両立が求められているなか、都心と程よい距離感を保ち、生活環境や自然環境が整う高槻エリアを新たなライフスタイルの提案の地に選びました。高槻エリアは、JR京都線や阪急京都線が通り、JR「高槻」駅から新快速を利用して「大阪」駅へ15分、「京都」駅へ13分と、アクセスが可能です。

2.『たかつきMe:LIFE(ミライフ)』の特徴
 (1)洗濯・乾燥・収納を1カ所に集約し、洗濯家事効率アップ
 「ゲリラ豪雨などの不安定な天気が多いため、バルコニーに洗濯物を干しづらい」、「共働きのため平日に洗濯できる時間は帰宅後の夜だけであり、洗濯物が思うように乾かない」など、「洗濯」に対するお客さまの要望が多くありました。
 『たかつきMe:LIFE(ミライフ)』では、関西で初めて※1大阪ガス製のガス衣類乾燥機「乾太くん※2」を洗面室に全戸標準設置し、その上下には大型のリネン庫を設置することで、洗濯・乾燥・収納が1カ所で完結する洗面室を実現します。衣類乾燥機は、天候に左右されず、約50分で乾燥することができるため、共働きの家庭でも帰宅後に洗濯を行うことができます。

イメージイラスト

   「乾太くん」と大型リネン庫を設置し、洗濯・乾燥・収納が1カ所で完結する洗面室イメージイラスト


 なお、ガス衣類乾燥機「乾太くん」は「日本子育て支援大賞2020」を受賞しています。大阪ガスは今後の分譲マンションでの「乾太くん」の導入を推進します。
日本子育て支援大賞


※1  新築分譲マンションにおいて、ガス衣類乾燥機「乾太くん」の全戸標準採用は、関西初。
(2021年2月19日現在、大阪ガス都市開発調べ)
※2  「乾太くん」は東京ガス(株)の登録商標です。

 (2)住戸の玄関前に「専用宅配ボックス」設置
 近年ではネットショッピングやデリバリーの需要が高まっています。また、「1階共用部の宅配ボックスから荷物を運ぶのが面倒」や、「不在時に荷物が届いていたが宅配ボックスに空きが無く、再配達になってしまう」などのマンション特有の課題もありました。
 『たかつきMe:LIFE(ミライフ)』では、共用部への設置が一般的な宅配ボックスを、各住戸の玄関前に設置することで、不在時でも共用部宅配ボックスから住戸へ荷物を運ぶ手間を省くことができます。

 (3)家庭用燃料電池「エネファーム」採用で停電時も安心、環境にも貢献
 大規模・長期間の停電を伴う自然災害時に在宅避難が有効な手段として注目されています。各住戸には自宅で発電できる「エネファーム」を採用し、停電時にもご自宅で必要最低限の生活を送ることができます。また、CO2排出量を大幅に抑え、環境にもやさしく、低炭素社会に貢献します。

■シーンズ高槻真上町 物件概要

シーンズ高槻真上町 物件概要

以上

  • 記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る