このページの本文へ移動します。

プレスリリース

関西広域連合との「大規模広域災害における連携・協力に関する協定」の締結について

PDFで見る 

2020年3月26日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏)は、本日、関西広域連合(広域連合長:井戸 敏三)と「大規模広域災害における連携・協力に関する協定」を締結しました。

 当社は、大規模広域災害における住民生活の混乱抑制やガス供給の早期復旧に向け、関西広域連合をはじめ構成団体の各府県・政令市と、平時からの情報共有と災害時の連携・協力に向けた体制の構築を進めていきます。

 

◇協定の概要
  1.大規模広域災害の発生に備えた情報共有
    <平時>
       相互の連絡窓口の明確化等による情報共有体制の構築や、災害時に優先して復旧を検討すべき重要施設に関する情報共有等
   
  2.大規模広域災害が発生した場合の連携・協力
    <災害発生時>
       道路、主要なガス設備の被災状況、ガス供給停止範囲及びガス供給の復旧計画等や道路啓開に関する情報共有
   
    <復旧時>
       道路啓開やガス供給の復旧に関する事業について連携・協力


以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る