このページの本文へ移動します。

次世代法及び女性活躍推進法への取り組み


次世代育成支援対策推進法(次世代法)への取り組み

次世代育成支援対策推進法では、次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、企業、国民がそれぞれの立場で次世代育成支援を進めていくこととされています。

大阪ガスでは、社員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境をつくることによって、能力を十分に発揮できるようにするため、次世代法に基づき以下の行動計画を策定しています。

行動計画期間(第6期)

2021年4月1日〜2025年3月31日

次世代法に基づく主な取り組み内容

目標1:配偶者妊娠中の男性従業員への制度説明機会を設ける。

<対策>
  • 2021年度〜
  • 配偶者が妊娠している男性従業員に、妊娠中の女性従業員同様、
    面談シートを活用し、制度を説明する。

目標2:育児休業者ネットワークを活用し、休業中の情報共有を図る。

<対策>
  • 2021年度〜
  • 情報共有の場として、オンライン形式を活用し、遠方在住者も
    参加可能とする。

大阪ガスは、次世代法に基づく行動計画の活動を推進していくとともに、社員が「やりがいのある仕事」と「充実した個人生活や社会とのかかわり」をバランスよく調和させて、能力を最大限に発揮できる企業風土づくりを目指して、今後も引続き、両立支援を推進していきます。

2019年認定 くるみん 大阪ガスは次世代育成支援対策推進法に基づき、積極的に子育てを支援している企業として、厚生労働大臣から認定されています。

※ 第1期行動計画(2005年4月〜2007年3月) ・・・ 2007年4月 「くるみん」認定
※ 第2期行動計画(2007年4月〜2011年3月) ・・・ 2011年5月 「くるみん」認定
※ 第3期行動計画(2011年4月〜2014年12月)・・・ 2015年3月 「くるみん」認定
※ 第4期行動計画(2015年1月〜2018年3月) ・・・ 2019年2月 「くるみん」認定

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)への取り組み

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)では、女性の活躍推進の取組を着実に前進させるべく、一般事業主それぞれの責務を定め、雇用している、または雇用しようとする女性労働者に対する活躍の推進に関する取組を実施するように努めることとされています。

大阪ガスでは、女性活躍推進法に基づき以下の行動計画を策定しています。

1.計画期間 2021年4月1日〜2031年3月31日

2.当社の課題

  • 課題1.管理職に占める女性比率が低く、また管理職候補となる女性社員が少ない
  • 課題2.若手女性社員増加に伴い、ライフイベントによるキャリア途絶リスクへの対応の必要性が
         一層増してきている

3.目標と取組内容と実施時期

目標1.2030年度までに女性役員比率20%以上とする
目標2.2030年度までに総合職の管理職昇格者に占める女性比率(*)を30%以上とする
*総合職の管理職昇格者に占める女性比率
 その年度の総合職社員の管理職への昇格者に占める女性の昇格者の比率

  • 取組1.女性社員のキャリア形成をサポートするために仕事と育児の両立イメージ形成を含めた
         キャリア教育を継続して実施する
  • 2021年5月〜
  •  
  •  
  •  
  • ・オンライン形式も活用したメンタリング・プログラムにより、より自律的
     なキャリア開発の強化を行う
  • ・育児休業中もキャリア開発に関わるプログラムに参加できる機会を増やす
  • ・女性に特化した社外派遣などを通じてより広い視野を得る機会を増やす
  • 取組2.ライフイベントがキャリアの途絶とならないための環境を整備する
  • 2021年4月〜
  •  
  •  
  •  
  • ・妊娠から職場復帰までの面談シートを改善し、育成関係者(上司、組織・
     本社の人事部門)の連携を強化する
  • ・在宅勤務を含めた、場所によらない働き方をより積極的に推進する

目標3.総合職採用人数に占める女性比率30%以上を継続する

  • 取組3.女性の学生向けの採用活動を強化する
  • 2021年4月〜
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • ・理系・文系それぞれのキャリアパスについて実例をもとに紹介する説
     明会を実施したうえで、応募者ごとに面談を通じてキャリアイメージ
     を摺り合わせ、入社後の活躍イメージの明確化を図る
  • ・オンライン形式も織り交ぜて女性の学生向け座談会を開催し、
     当社の魅力をより広く効果的に伝える

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る