強くて軽い!大阪ガスが開発した夢の素材とは?

強くて軽い!大阪ガスが開発した夢の素材とは?

鉄の5倍強いのに、5分の1の軽さ。
そんな素材があれば、例えば飛行機だって超軽量にすることができ、燃料も少なく省エネに繋がります。以前から「夢の素材」だと言われていた素材の開発に大阪ガスが2014年9月、成功したのです(^o^)

その名は「フルオレンセルロース」。

同素材の発想のベースとなっているのは「セルロースファイバー」。
セルロースファイバーは、紙の主成分であるセルロースを、非常に微細化した(最高で直径3〜4ナノメートル(ナノは10億分の1!))、植物由来の繊維です。

セルロースは、自然界に豊富に存在し、環境負荷も少ないうえに、それを細かく繊維化したセルロースファイバーは、強くて軽いので、プラスチックなどの“樹脂”と混ぜ合わせる強化材として注目されていました。

しかしセルロースファイバーは水となじみがよく、逆に石油由来の樹脂とは“水と油”の関係で混ざりにくいという性質が…。

そこで当社は、大阪ガスグループのコア技術である石炭由来の化学素材「フルオレン」を使うことで、この性質を変えられないかと研究をスタート。
セルロースファイバーに、樹脂との馴染みがよいフルオレンを化学反応させることにより、樹脂と混ざる性質を持つセルロースファイバー「フルオレンセルロース」が誕生しました!

この「フルオレンセルロース」を使えば、天然素材を用いた軽くて強い樹脂が作られる可能性が高まります。今後、飛行機・自動車など、輸送機械の内装などでの活躍が期待されています☆

12月8日(木)〜10日(土)には、東京ビッグサイトで開催される環境とエネルギーの未来展「エコプロ2016」に出展♪
これからも、暮らしとビジネスのさらなる進化にお役にたつ企業グループとして、フルオレンセルロースの商品化に向けて研究開発を進めてまいります!

「エコプロ2016」Webサイトはこちら
※外部サイトへ移動します。

2016年11月29日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る