このページの本文へ移動します。
大阪ガス
総合TOP>お知らせ一覧

その他のお知らせ

    第22回環境コミュニケーション大賞 環境報告書部門優良賞を受賞

    2019年02月13日
    大阪ガス株式会社

     2018年9月に発行した「DaigasグループCSRレポート2018(※1)」が、第22回環境コミュニケーション大賞(主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム)の環境報告書部門「優良賞」を受賞いたしました。(※2)
     
     この賞は、持続可能性に関する優秀な取り組みや情報開示を進めている事業者・報告書を表彰するもので、当社グループの環境に配慮した経営、情報開示が評価されたものと考えます。
     
     「DaigasグループCSRレポート」は、社会の持続可能な発展への貢献と当社グループの持続的な成長を目指して、経営と一体になったCSRの取り組みを、ステークホルダーに分かりやすく理解いただけるように編集に努めています。また、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)が策定する持続可能性報告書の国際的ガイドラインである「GRIスタンダード(※3)」に基づき、当社グループのCSRにおける重要側面を特定(※4)し、重点的に掲載しています。
     
     「DaigasグループCSRレポート2018」では、特集企画としてSDGsへ貢献する取り組み事例や社内浸透活動について掲載しています。また、「長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020」で掲げたESGに配慮したグローバル経営の取り組みの一つとして「気候変動によるリスクと機会」を明示するとともに、2030年度までのCO2削減貢献目標7,000万tに対する実績を報告しています。
     加えて、2017年度のCSR活動報告として、事業環境の変化やサステナビリティ関連の社会動向を踏まえ、外部有識者による妥当性の確認と対話を行い、「気候変動対策」等のマテリアリティの見直しや新指標を設定したことを掲載しています。
     
     今後も、長期経営ビジョン・中期経営計画「Going Forward Beyond Borders」の目標達成を通じて持続可能な社会の実現に貢献するとともに、ステークホルダーの皆さまへの情報開示を行ってまいります。
     
    ※1:Daigasグループ CSRレポート2018
    Daigasグループ CSRレポート2018
     
    以下URLからPDF版のダウンロードが可能です。
    http://www.osakagas.co.jp/company/csr/reportpolicy/pdf/csr2018_all.pdf別ウインドウで開く
    別ウィンドウで開きます。
     
    ※2:環境省プレスリリース
    http://www.env.go.jp/press/106430.html別ウインドウで開く
    別ウィンドウで開きます
     
    ※3:「GRIスタンダード」について
     国際的NGO「グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)」が発行した持続可能な企業活動に関する報告書のガイドライン「GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード」のこと。2000年の第1版発行以降、定期的に改訂され、2016年にスタンダードが発行されました。
     
    ※4:重要側面特定について
     「GRIスタンダード」が示す手順により、「顧客の安全衛生」「大気への排出/エネルギー」「地域コミュニケーション」「サプライヤーの評価」などの重要側面を特定しています。
     
    以上

ページトップ

このページのトップへ戻る
企業案内
会社概要
事業内容
ごあいさつ
企業理念
中期経営計画
組織図
役員
所在地一覧
沿革
資材購買
Daigas
グループの現状
環境性・先進性
コンセプトワード
Daigasグループ
グループ会社の事業内容
グループ会社一覧
IR情報
経営ビジョン・経営計画
個人投資家の皆さまへ
業績ハイライト
IR資料・決算資料
株式・株主情報
よくあるご質問
採用情報
大学(院)卒採用
高専卒採用
キャリア採用
障がい者採用
(大阪ガス)
障がい者採用
(グループ会社)
インターンシップ
情報
グループ会社採用
DaigasグループのCSR
トップコミットメント
事業を通じた
社会への貢献
Daigasグループの
経営とCSR
レポートダウンロード
取り組み・活動
経営効率化目標について
安全と防災
お客さま満足向上を目指して
次世代育成支援対策
プレスリリース
技術開発
技術分類で見る
ニーズ別で見る
フードサイエンスラボラトリー
開発者インタビュー
技術開発費用および
知的財産取得状況
オープン・イノベーション