このページの本文へ移動します。
大阪ガス
総合TOP>お知らせ一覧

その他のお知らせ

    家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数9万台達成について

    2018年09月18日
    大阪ガス株式会社

     大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏 ;以下、大阪ガス)は、9月7日に家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の累計販売台数9万台※1を達成しました。
     
     「エネファーム」は、高い省エネ性とCO2削減が実現できるとともに、社会的ニーズが高まっているエネルギーセキュリティの向上や電力ピークカットなどへ貢献できることから、国のエネルギー政策である「3E+S」(「安定供給」・「経済効率性の向上」・「環境への適合」+「安全性」)の実現に寄与できる分散型エネルギーシステムです。
     
     大阪ガスでは2009年6月に販売を開始して以降、多くのご家庭のお客さまに「エネファーム」をご採用いただき、このたび累計販売台数9万台を達成しました。9万台の「エネファーム」によるCO2削減効果は年間約15万トン※2となり、杉の木約1,078万本※3の植林に相当します。
     
    大阪ガスは、「エネファーム」の累計販売台数10万台の早期達成を目指し、更なる技術開発とコストダウンに努め、今後もお客さまの快適な暮らしの実現と環境負荷の低減、エネルギーセキュリティの向上等に貢献して参ります。
     
    家庭用燃料電池エネファームについて
      http://home.osakagas.co.jp/search_buy/enefarm/index.html別ウインドウで開く
       
     
      ※1   大阪ガス受注ベース
      ※2   従来システムの「ガス給湯暖房機」を「エネファーム」、または「エネファームtype S」に変えた場合の当社試算値(戸建住宅4人家族想定)
    【従来システム】 ガス給湯暖房機、ガス温水床暖房(リビング・ダイニング)、ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、電気エアコン
    【エネファーム・エネファームtype S】 エネファーム・エネファームtype S、ガス温水式床暖房(リビング・ダイニング)、ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、電気エアコン
    【CO2排出係数】 ガス:2.29kg-CO2/m3(当社データ)、ガソリン:2.322kg-CO2/L、電気:0.65kg-CO2/kWh
    (地球温暖化対策計画[2016年5月閣議決定]の2013年度火力電源平均係数より)
      ※3   杉の木のCO2吸収量原単位=13.9kg-CO2/年・本
    (林業白書平成9年より50年杉直径26cm 樹高22m)

ページトップ

このページのトップへ戻る
企業案内
会社概要
事業内容
ごあいさつ
企業理念
中期経営計画
組織図
役員
所在地一覧
沿革
資材購買
Daigas
グループの現状
環境性・先進性
コンセプトワード
Daigasグループ
グループ会社の事業内容
グループ会社一覧
IR情報
経営ビジョン・経営計画
個人投資家の皆さまへ
業績ハイライト
IR資料・決算資料
株式・株主情報
よくあるご質問
採用情報
大学(院)卒採用
高専卒採用
キャリア採用
障がい者採用
(大阪ガス)
障がい者採用
(グループ会社)
インターンシップ
情報
グループ会社採用
DaigasグループのCSR
トップコミットメント
事業を通じた
社会への貢献
Daigasグループの
経営とCSR
レポートダウンロード
取り組み・活動
経営効率化目標について
安全と防災
お客さま満足向上を目指して
次世代育成支援対策
プレスリリース
技術開発
技術分類で見る
ニーズ別で見る
フードサイエンスラボラトリー
開発者インタビュー
技術開発費用および
知的財産取得状況
オープン・イノベーション