このページの本文へ移動します。

ガスコンロをお使いのお客さまへ ガスコンロを安全にお手入れいただくために

2017年5月11日
大阪ガス株式会社

安全にお手入れいただくためのご注意事項をまとめておりますので、以下項目をご確認ください。詳しくは、商品の取り扱い説明書もしくはお手入れブックをご確認ください。

お手入れ前のご注意事項

思わぬけがにつながる恐れがありますので、
お手入れ箇所に欠けや外れなどの異常がないかチェックしてください。

  • ガラストッププレートのガラス部に、ひび・欠け・割れがないか。
    トッププレート枠とトッププレートの間にすき間がないか。
    ガラストッププレートのガラス部のひび・欠け・割れ、トッププレート枠とトッププレートの間のすき間

    「ガラス部のひび、欠け、割れ」「トッププレート枠とトッププレートの間のすき間」がないか、確認してください。
    特に、すき間は目立たない場合がありますので、ご注意下さい。

  • グリル扉ガラス部に、ひび・欠け・割れがないか。
    グリル扉ガラス部のひび・欠け・割れ

    ガラス部に「ひび・欠け・割れ」がないか、確認してください。

  • グリル焼網の接合部が外れていないか。
    グリル焼網の接合部が外れ

    焼網をお掃除される際は、
    接合部が外れていないかを確認してください。

お手入れ時のご注意事項

お手入れ時は手袋を着用してください。
コンロに荷重をかけず、グリル庫内の部品に触れないようご注意ください。

  • お手入れの際は手袋を着用してください。
    手袋の着用

    思わぬけがを防止するため、お手入れの際は手袋を着用 してください。

  • お手入れ時に洗剤を使用する場合は、
    台所用中性洗剤を使用してください。
    台所用中性洗剤を使用

    台所用中性洗剤以外の洗剤は、「はがれ、変色、さび、割れ、 トッププレート外周枠のはがれ」の原因になりますので、
    使用しないでください。

  • お手入れの際、コンロに
    強い力や荷重をかけないでください。
    コンロに強い力や荷重をかけない

    部品の変形、ガラストッププレートの
    「ひび・割れ・すきま発生」の原因になります。

  • グリル庫内の部品に触れないでください。
    グリル庫内の部品に触れない

    グリル庫内の部品には触れないで下さい。
    思わぬけがや、故障につながる恐れがあります。

お手入れ後のご注意事項

お手入れ時に取り外した部品は、正しく取り付けしてください。

  • お手入れ時に取り外したバーナーキャップ・ごとくは水気をふき取ってから正しく取り付けしてください。
    バーナーキャップ・ごとくは水気をふき取ってから、正しく取り付けしてください

    バーナーキャップ・ごとくは水気をふき取ってから、正しく取り付けしてください。
    不完全燃焼の原因になったり、鍋の転倒によるやけどにつながる恐れがあります。

ガスコンロをながくキレイにお使いいただくために
コンロは毎日の簡単なお手入れでキレイな状態を保てます。
日々のお手入れからガンコな汚れの落とし方までをご紹介します。
ガスコンロのお手入れBOOK
(デジタルカタログ)
ご不明な点がありましたら、大阪ガスお客様センターまでお問い合わせください。
大阪ガスお客様センター フリーダイヤル:0120-0-94817 受付時間:(月曜から土曜)午前9時から午後7時 (日曜・祝日)午前9時から午後5時

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る