発電効率52%! “業務用3kW-SOFC燃料電池システム”を発売☆

発電効率52%! “業務用3kW-SOFC燃料電池システム”を発売☆

大阪ガスはこの度、京セラ製の小形業務用燃料電池(SOFC)3kWの発売を開始しました。発電と同時に排出される熱を利用し、給湯利用もできる「燃料電池システム」は、高い省エネルギー効果や発電効率の良さが特徴です(^o^) しかも低騒音!

これまでは補助金の対象が家庭用燃料電池システム(エネファーム)だけでしたが、2017年度より業務・産業用燃料電池システムも対象に加わり、6月12日より補助金の公募開始が始まっています。

この小形業務用燃料電池は、発電出力が3kWで発電効率は52%という高水準。(※)小規模の飲食店や病院、福祉施設などの施設の他、熱需要が比較的少ない施設でも環境性・経済性のメリットを充分に発揮できます!

大阪ガスは、省エネルギーや省CO2が図れる燃料電池システムの普及促進を通じ、これからも環境の貢献に取り組んでまいります。

小形業務用燃料電池(SOFC)について詳しくはこちら
(※)LHV、初期値となります。

2017年8月10日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る