「ともしびこども劇場」で子どもたちが「生の演劇」を満喫♪

「ともしびこども劇場」で子どもたちが「生の演劇」を満喫♪

8月6日に、兵庫県のピッコロシアターで「ともしびこども劇場」(主催:大阪ガスグループ“小さな灯”運動)を開催しました!
これは、児童養護施設の子どもたちをプロ劇団の演劇に招待し、舞台芸術を楽しんでもらうイベントです。1987年からスタートして今年で30回目を迎えました。

当日は約260名の子どもたちが劇場へ! 東日本大震災以降は、被災地から関西に避難している子どもたちも招待しており、今回は約50名が参加。

今回の演目は兵庫県立ピッコロ劇団による「オズのオジさん やーい」。これは「オズの魔法使い」をベースにしたファンタジー作品で、子どもも大人も一緒に楽しめるお芝居でした。

終演後は、子どもたちがひとりずつ役者さんと握手を交わし、ロビーで記念撮影などを行いました。普段あまり接することのない世界に触れ、子どもたちも大満足だったようです(^▽^)

当日の様子について詳しくはこちら♪

2016年8月23日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

PCサイド画像

大阪ガス野球部 熱球道場 第14回「代打でヒットを打つために」

ガスビルの屋上で、『いきものモニタリング』を実施☆

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る