このページの本文へ移動します。

プレスリリース

西沖の山発電所(仮称)新設計画からの撤退について

PDFで見る 

2019年4月24日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏)は、電源開発株式会社(社長:渡部肇史)、および宇部興産株式会社(社長:泉原雅人)と共に、2015年3月に山口宇部パワー株式会社(社長:森本成)を設立し、山口県宇部市西沖の山(宇部興産所有地)において、石炭火力発電所(仮称:西沖の山発電所)の新設計画を進めてまいりました。

 しかしながら、当社は、電力事業を取り巻く事業環境の変化や将来的なリスク等を踏まえ、当社の投資基準に照らして総合的に判断した結果、事業化検討から撤退することを決定しました。本計画の推進にあたり、これまでご理解、ご支援を賜りました関係各位に対し、改めて御礼を申し上げます。


 Daigasグループは、今後も、安定的かつ環境性・経済性に優れたエネルギー供給の実現に取り組んでまいります。


 ※2015年2月27日 「山口宇部パワー株式会社の設立について」でお知らせ済 Webページはこちら別ウインドウで開く



 〔山口宇部パワー株式会社の概要〕
  会社名    山口宇部パワー株式会社
  本店所在地    山口県宇部市
  設立日    2015年3月13日
  代表取締役社長     森本成
  出資比率    電源開発45%、大阪ガス45%、宇部興産10%

以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る