このページの本文へ移動します。

プレスリリース

タイ・ホンダ・マニュファクチャリング向けオンサイトエネルギー供給プロジェクトの供給開始について

印刷する

2018年9月4日
新日鉄住金エンジニアリング株式会社
大阪ガス株式会社

 新日鉄住金エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一、本社:東京都品川区、以下「NSENGI」)と、大阪ガス株式会社(代表取締役社長:本荘 武宏、本社:大阪市中央区、以下「OG」)が共同出資する※1タイ王国現地法人NS-OG Energy Solutions (Thailand) Ltd.(以下「NSET」)は、同国で二輪車製造を行うHondaグループのタイ・ホンダ・マニュファクチャリング向けオンサイトエネルギー供給プロジェクト※2を竣工し、4月1日からエネルギー供給を開始しました。同様のエネルギー供給プロジェクトは、昨年11月のホンダ・オートモービル・タイランド社向けに続き、同国4件目となります。
 
 本プロジェクトは、ガスエンジンによる発電後の排熱から蒸気・温水の双方を回収し電熱供給する高効率コージェネレーションシステム、および、高効率ターボ冷凍機を用いた冷水システムの導入により、15年間にわたり電気と熱(蒸気、温水、冷水)の供給を行い、工場内の省エネを図るものです。NSETが、コージェネレーションシステムの建設からオペレーション、ガスの調達まで全て行う「エネルギー・ワンストップサービス」を提供するビジネスモデルとなっております。また、系統電圧が低下した際には速やかに自立運転に移行し、コージェネが非常用電源として単独でのエネルギー供給を継続することが可能なため、系統事故時における工場の操業安定化を実現します。
 
 環境面においては、本プロジェクトは、二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism 、以下 「JCM」)に基づくクレジットの獲得を目指す「環境省 平成27年度 JCM設備補助事業」に採択されており、8月23日に環境省の確定検査を完了しました。JCMを活用することで、15年間で約10万tのCO2を削減し、我が国のCO2削減目標の達成に貢献することができます。
 
 引き続き、両社(NSENGIおよびOG)は、これまでの豊富な建設及び操業・保守経験を活かし、環境性・経済性に優れたエネルギーエンジニアリングソリューションを提供することで、低炭素社会の実現に向けた顧客企業の取り組みに貢献し、タイ王国における事業拡大を図ってまいります。
 
  ※1: OGが、100%子会社の「Osaka Gas Singapore Pte. Ltd.」(社長:米田哲二、以下「OGS」)を通して出資
  ※2: コージェネレーション設備エンジニアリングに加え、設備の操業(運営・維持管理)サービスを提供するプロジェクト
コージェネレーション設備外観   ガスエンジン
【コージェネレーション設備外観】   【ガスエンジン】
▲ページトップ
 
【プロジェクト概要】
  タイ・ホンダ・マニュファクチャリング(Thai Honda Manufacturing Co. Ltd.)
 
  工場所在地   410 Ladkrabang Industrial Estate, Chalongkrung Rd., Lamplatue, Ladkrabang, Bangkok,10520 Thailand
ガスエンジン・コージェネレーション設備
  ●発電出力 7,800kW
  ●温水供給能力 2,000kW
  ●蒸気供給能力 4t/h
  ●冷水供給能力 4,900kW
  ●想定CO2削減量 7,000t/年
   
【NSET 概要】
 
社名   NS-OG Energy Solutions (Thailand) Ltd
所在地   909, Ample Tower 20th floor, Bangna-Trad road, Khwang Bangna, Khet Bangna,Bangkok, 10260 Thailand
従業員数   67名(2018年4月現在)
株主  
NSENGI   70%
OGS   30%
設立   2012年6月(OGSの出資は2014年7月から)
事業概要   タイ王国におけるオンサイトエネルギー供給事業
資本金   381百万タイバーツ
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る