このページの本文へ移動します。

プレスリリース

タイにおけるバイオガス精製と天然ガス自動車燃料供給の商用実証事業開始について〜世界最高レベルのメタン回収効率を実現〜

印刷する

2017年11月27日

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、タイの企業であるAgriculture of Basin Company Limited(社長:Somnuek Ketchart、以下「ABC社」)と共同で、タイにおいて、農業残渣等から発生するバイオガスから二酸化炭素等を取り除き、高純度のメタンガスを製造し、天然ガス自動車へ供給する商用実証事業を開始しました。
 
 本実証事業※1では、ABC社が自社のパーム(あぶらヤシ)油製造工場において工場廃水中の有機物をメタン発酵させ、発生したバイオガスを大阪ガスが精製し、メタンガスを製造します。ABC社は精製メタンガスを自社が所有する天然ガス自動車の燃料として利用※2します。実証事業は約1年間実施する予定で、大阪ガスは商用展開を想定した250 Nm3/h規模のバイオガス精製装置を試験運転し、長期の運転における安定性確認、メタンガスの製造コストを最小化するための運転方法、自動車燃料としての有効性等の検証を行います。ABC社は、今回の実証試験の成果をもとに、今後も工場で発生するバイオガスを天然ガス自動車の燃料として有効利用する取り組みを積極的に展開していきます。
 
 大阪ガスでは、未利用となっているバイオガスを有効利用し、省エネルギーと地球環境保全を推進するために、2012年からバイオガス精製技術の開発に取り組んできました。CO2を選択的に吸着して除去するPSA(Pressure Swing Adsorption)とCO2分離膜を組み合わせた独自のハイブリッド型バイオガス精製システム(下図参照)により、世界最高レベルとなる99%以上のメタン回収効率※3で高純度のメタンガスを製造することができます。
 農業が重要産業の一つであるタイでは、サトウキビの搾りかすやパーム残渣、食品系工場廃水といったバイオマス資源が豊富であるとともに、天然ガス自動車の普及も進んでいます。大阪ガスは、タイにおいて、独自のハイブリッド型バイオガス精製システムにより、バイオマス資源を有効活用し、温室効果ガス排出量削減に貢献できると考え、本実証事業を行うこととしました。
 
 大阪ガスは、長期経営ビジョン「Going Forward Beyond Borders 2030」において、海外エネルギー事業の拡大を目指しており、タイにおいては既にOSAKA GAS (THAILAND) CO., LTD.を中心にエネルギーサービス事業やコージェネレーションシステムのオンサイト事業を積極的に展開しています。今後、2018年内のバイオガス精製技術商用化を目指して本実証事業に取り組み、東南アジアでのエネルギービジネスの更なる拡大、バイオマス資源の有効活用による温室効果ガス排出量削減への貢献を図っていきます。
 
※1 実証試験装置の建設は、大阪ガスの現地子会社であるOSAKA GAS (THAILAND) CO., LTD.が担当。同社は実証試験期間中も必要な協力を行う予定
※2 自動車用燃料に関するタイの品質基準に適合していることを確認したうえで実施
※3 原料バイオガス中のメタン量に対する製品高純度メタンガス中のメタン量の割合
▲ページトップ
 
大阪ガス独自のハイブリッド型バイオガス精製システム
  CO2を選択的に吸着する吸着剤を利用し、バイオガスからメタンガスを取り出す「PSA」と、PSAから排出されたオフガス中からCO2を除いてメタンガスを回収する「分離膜」を組み合わせたシステム。PSAで高純度のメタンガスを精製しながら、オフガスをリサイクルすることで、世界最高レベルとなるメタン回収効率99%以上を実現した。
大阪ガス独自のハイブリッド型バイオガス精製システム
 
◆実証プラントの全景
実証プラントの全景
 
◆所在地
所在地
 ※地図引用先:http://thailanding.zening.info/map/Thailand_Outline_Map.htm別ウインドウで開く
▲ページトップ
 
Agriculture of Basin Company Limitedの概要
  (1)概要   パーム製品の製造及び販売を行うタイの企業。バイオガス発電による電力を地方電力会社へ販売する等、自社の工場廃水を活用したエネルギーの有効利用に積極的に取り組んでいる。
  (2)代表者   Kanop Ketchart
  (3)所在地   1/1 Pattanakarn Street Nakhon Si Thammarat 80000 Thailand
  (4)設立年月日   2002年1月
 
OSAKA GAS (THAILAND) CO., LTD.の概要
  (1)概要    タイの産業用市場でエネルギーサービス事業を展開する大阪ガスのグループ会社。天然ガス燃料転換、省エネシステム等の提案のほか、用排水処理や薬剤の提案等、ESPビジネスにも取り組んでいる。
  (2)代表者   中井 俊作
  (3)所在地   10F, Wave Place Building, 55 Wireless Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
  (4)設立年月日   2013年10月
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る