このページの本文へ移動します。

プレスリリース

いざという時に作れて、守れる人になろう!「チャリティ 防災クッキング」を開催します

印刷する

2017年6月26日

ロゴ  ロゴ 
 大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏)は、防災月間である9月3日に、防災をテーマにした料理講習会「いざという時に作れて、守れる人になろう! チャリティ 防災クッキング」を大阪ガスクッキングスクール7会場で開催します。
 
 昨今、日本では地震、水害等の自然災害が頻繁に発生しており、決して他人事ではなくなってきています。大阪ガスグループでは、2014年6月に社会貢献活動の一環として「防災」をテーマとした新しい次世代教育メニュー「考える防災教室*1」の教材配布を開始しました。これまでに学校をはじめ行政や地域の皆さまにおよそ70,000冊をお届けし、活用いただいております。(2017年5月末現在)
 
 また2015年からは、乾物、缶詰といった長期保存が可能な食料、ビニール袋やラップなどを使って、健康面に配慮しながら、もしもの時をたくましく乗り切るための調理レシピ、方法をご紹介する「防災クッキング」を開催しています。
 
 今回は、3年目として、社会貢献活動に積極的に取り組まれている企業さまにご協力をいただき、開催いたします。なお、参加費全額を大阪ガスグループ“小さな灯”運動を通じた義援金等として、被災地支援活動の一助とさせていただく予定です。
 
 今後も当社は、防災教育・環境教育・食育活動等を通じて、健やかな次世代の育成、地域社会への貢献に努めてまいります。
 
  *1 大阪ガスの都市ガスをご利用地域の希望される小学校さまへ無料配布しています。
 
▲ページトップ
 
「いざという時に作れて、守れる人になろう!チャリティ 防災クッキング」の概要は、以下のとおりです。
 
  場所 大阪ガスクッキングスクール7か所
  (淀屋橋・神戸・千里・奈良・京都・堺・滋賀)
       
  日時 9月3日(日) 10:00〜13:30 (予定)
       
  内容
(1) ミニセミナー 防災のお話(大阪ガス)
(2) 身近にある食材(乾物、缶詰)を使った「親子で防災クッキング」
【メニュー】予定
ひじきと豆と高野豆腐の煮物
   切干大根とワカメの和え物
  焼き鳥とコーンの炊き込みご飯
  みそ玉で作るみそ汁
  麩〜ラスク
       
  対象 小学生とその保護者(保護者1名につきお子様2人まで)
       
  参加費 おひとり1,500円(保護者、お子さま同額)
       
  主催 大阪ガス株式会社
       
  協力 積水ハウス株式会社(住宅メーカー)
住友生命保険相互会社(保険会社)
関西よつば連絡会(食品などの宅配事業者)
株式会社 マルヤナギ小倉屋(煮豆、佃煮などの食品メーカー)
山長商店株式会社(大阪の“だし”専門店)
東洋ライス株式会社(お米の総合メーカー)
       
  申込み方法 ホームページ:https://www.og-cookingschool.com別ウインドウで開きます
       
  受付開始日 2017年7月1日(土)21:00〜ホームページにて先行予約
クッキングスクール店頭、電話等での受付開始は、チラシで確認ください。
 
以上

チラシ (3415KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る