このページの本文へ移動します。

プレスリリース

日本初、「CNGを専用燃料として開発されたLNGローリー車」の運用開始について

印刷する

2016年10月19日
大阪ガス株式会社
株式会社OGCTS

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、CNG(Compressed Natural Gas:圧縮天然ガス)を専用燃料として開発されたLNGローリー車(以下「本ローリー車」)による輸送を、国内で初めて11月より開始します。
 
 本ローリー車は、2015年末にいすゞ自動車株式会社より発表された(※)大型天然ガス自動車を採用しており、CNGを専用燃料として開発されたLNGローリー車導入は日本初となります。本ローリー車の導入により、軽油を燃料としたローリー車と比較してCO2排出量を約7%削減することができます。また、燃料を軽油だけでなくCNGを加えて多様化し、ローリー車の安定運行を図ります。
 
 LNGの販売、輸送については、大阪ガスの100%子会社である株式会社OGCTS(社長:和田洋幸)が実施します。車両の保有、維持管理および運転・運行管理については、株式会社ニヤクコーポレーション(社長:堀江浩太)が行います。
 
 なお、本ローリー車の導入については、環境省補助金「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素価値向上に向けた社会システム)」の対象事業に採択されました。
 
 大阪ガスは、今後も天然ガスを燃料とした車両を始め、次世代自動車の積極的な導入・普及支援を進めることにより、環境にやさしい低炭素社会の実現に貢献してまいります。
 
(※)

2015年12月24日にいすゞ自動車株式会社より『いすゞ、大型トラック「ギガCNG車」を発表』がプレスリリースされました。
http://www.isuzu.co.jp/press/2015/12_24giga.html 別ウインドウで開きます 

 
 

<LNGローリー車の外観>

LNGローリー車の外観 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る