このページの本文へ移動します。

プレスリリース

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットの取り組みへの協力について

印刷する

2016年5月19日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:本荘 武宏)は、5月26、27日に三重県志摩市で開催されるG7伊勢志摩サミットにおいて、政府が企画しているカーボン・オフセットの取り組み(※1)に協力し、100t-CO2(※2)の自社保有クレジットを提供します。
 
 当社は、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J−クレジット制度(※3)」に積極的に参画しており、これまでにも環境にやさしい天然ガスを活用したコージェネレーションや高効率ガス空調の導入、ボイラの天然ガス転換など、お客さまの省エネ活動を支援し、削減されたCO2量の一部をクレジットとして取得する取り組みを行っています。さらに、取得したクレジットをカーボン・オフセットに活用(※4)することで、地球温暖化防止に向けた取り組みを推進しています。
 
 当社は今後も、CO2削減をはじめとする環境負荷を低減する取り組みを通じて、積極的に社会に貢献してまいります。
 
※1    G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットの取り組みについて
    本取り組みは、官民が協力してカーボン・オフセットを実現することで、我が国の気候変動対策への姿勢を国際的に示すとともに、国内の地球温暖化対策に対する理解と協力への機運の醸成を図るため、経済産業省・環境省・農林水産省が外務省と連携して行う。J−クレジット等を活用した官民によるカーボン・オフセットを実施することとし、協力できる企業・自治体を募集するもの。
   
<排出活動>   G7伊勢志摩サミット参加者の移動及び宿泊、会場運営
<参加者>   代表団(G7、G7以外の参加国、国際機関関係者)、支援事業者(サミットの開催をサポートする事業者・団体)、プレス関係者(国外、国内)
<募集規模>   20,000t-CO2程度(1団体あたり50t-CO2以上)
     
※2    提供するクレジット量は、サミットにおけるCO2排出量確定後、各社の申込み量を上限として最終決定される。
     
※3    J−クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取り組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を、クレジットとして国が認証する制度です。本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、さまざまな用途に活用できる。
J−クレジット制度HP : http://japancredit.go.jp別ウィンドウで開きます
     
※4    2015年度に当社が実施したカーボン・オフセット(合計3,079t-CO2)の主な事例
    2015年度に当社が実施したカーボン・オフセット(合計3,079t-CO2)の主な事例 
    ※ヤンマー株式会社さまとの共同でのオフセットを実施
 
 
以上
▲ページトップ
  別紙 (カーボン・オフセットについて)  
 
 カーボン・オフセットは、「CO2を出す側」と「CO2を減らす(削減・吸収する)側」の2つの活動を繋げ、共同で取り組む地球温暖化対策である。日本では、低炭素社会構築およびCO2削減の重要施策として位置づけられ、経済産業省・環境省・農林水産省が合同で普及に取り組んでいる。
 今回の取り組みでは、G7伊勢志摩サミット参加者の移動及び宿泊、会場運営等で排出したCO2を当社が日頃から高効率ガス機器導入によって創出したCO2クレジットで埋め合わせを行う。
 
大阪ガスが取り組む本カーボン・オフセットの概要
 
大阪ガスが取り組む本カーボン・オフセットの概要 

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る