このページの本文へ移動します。

プレスリリース

コンパクトタイプ水素製造装置「HYSERVE」のLPG仕様モデルの新製品「HYSERVE-300P」の発売について

印刷する

2014年12月25日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕;以下、大阪ガス)は、このたび、従来の都市ガス仕様のオンサイト水素製造装置「HYSERVE-300」のLPG仕様モデルである「HYSERVE-300P」(水素製造能力:300m3N/h※1)を開発しました。本装置の開発により、「HYSERVEシリーズ」は、オンサイト水素製造装置として、都市ガス・LPG仕様共に、小型から大型まで様々なお客さまの需要にお応えできるラインナップが揃いました。
 「HYSERVE-300P」は、2015年1月5日より、大阪ガスエンジニアリング株式会社を通じて、都市ガス供給エリア外で今後水素を利用されるお客さまへ販売を開始します。また、株式会社リキッドガスは、本装置をお客さま先へ設置し、製造した水素を供給するサービスを展開していきます。
 
 当社は、40年以上前から触媒を用いた原料の改質に取り組んできました。その過程で培った触媒技術に加え、バーナー技術、ガス精製技術などの自社の強みである技術を活かし、都市ガス原料の水素製造装置として2003年に「HYSERVE-30」、2004年に「HYSERVE-100」、2013年に「HYSERVE-300」を開発しました。これまで、金属熱処理、ガラス加工、ボンベ充填用水素ガス製造、水素ステーション実証などの用途で納入実績があります。
 また、都市ガス供給エリア外でのオンサイト水素製造装置のシェア拡大を目指し、これまでにLPGを原料とした「HYSERVE-30P」、「HYSERVE-100P」も開発してきました。この度、更なる低コスト化、コンパクト化、高効率化を実現した「HYSERVE-300P」の開発により、都市ガス供給エリア外でのオンサイト商用水素ステーションなど、より水素使用量の多い需要への対応が可能になりました。
 
 当社は今後も、更なる低コスト化、コンパクト化、高効率化を目指したコンパクトタイプ水素製造装置の開発を通じ、低炭素社会の実現に貢献してまいります。
 
  ※1  温度0℃、1気圧の標準状態に換算した気体の体積の単位
▲ページトップ
<補足資料>
1.HYSERVE-300Pの外観
HYSERVE-300Pの外観 
 
2.HYSERVE-300Pの仕様
表1.HYSERVE-300Pの仕様
HYSERVE-300Pの仕様 
※2: 原料原単位は、装置の効率を示す指標で、製品水素1m3Nの製造に必要な原料流量
※3: 原料圧縮機、純水装置、冷却塔、制御盤、などは含まず
※4: プロパン98%、エタン+ブタン2%
▲ページトップ
大阪ガス株式会社の概要
  所在地 大阪府大阪市中央区平野町四丁目1番2号
  事業内容 ガスの製造・供給・販売、LPGの供給および販売、電力の発電・供給および販売 他
  設立 1897年4月
  資本金 1,321億円
       
大阪ガスエンジニアリング株式会社の概要
  所在地 大阪府大阪市中央区備後町二丁目4番9号
  事業内容 都市ガス事業および関連事業の総合エンジニアリング
  設立 1978年2月
  資本金 1億円
       
株式会社リキッドガスの概要
  所在地 大阪府大阪市中央区備後町三丁目6番14号
  事業内容 高圧ガスの製造及び販売、LPGの販売、液化天然ガスの販売及び輸送、低温粉砕の受託 他
  設立 1991年7月
  資本金 11.1億円
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る