このページの本文へ移動します。

プレスリリース

「北大阪水素ステーション(仮称)」の建設について

印刷する

2014年4月2日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎裕、以下「大阪ガス」)は、都市ガスを改質して水素を作るオンサイト方式*1の水素ステーション「北大阪水素ステーション(仮称)」(大阪府茨木市、以下「北大阪ステーション」)を建設いたします。
 北大阪ステーションは、既存の天然ガススタンドと併設し、水素発生装置には、昨年度当社が商品化を行った「HYSERVE−300」を導入します。当ステーションは、製造した水素を燃料電池自動車へ充填するだけでなく、水素発生装置を持たない他の水素ステーション(ドーターステーション*2)等へも水素を出荷することが出来る水素ステーション(マザーステーション*3)です。なお、既存の天然ガススタンドと併設する水素ステーションは、関西で初めてとなります。
 
 大阪ガスは、水素ステーション向けにコンパクトで高効率な水素発生装置HYSERVEシリーズを開発するとともに、実証事業として日本初の水素ステーション(大阪府大阪市此花区、2001年度竣工)を運用し、以降も商業地域では日本初となる水素ステーション(大阪府大阪市中央区、2007年度竣工)を建設・運用するなど、水素ステーションに関するノウハウを蓄積してまいりました。また、2011年1月13日には、自動車業界・石油業界・都市ガス業界・工業ガス業界の計13社(当社含む)が合同で「燃料電池自動車の国内市場導入と水素供給インフラ整備に関する共同声明*4」を発表しており、自動車メーカー各社が2015年に予定している燃料電池自動車の一般ユーザー向け販売開始に合わせ、今回、商用ステーションを建設することといたしました。北大阪ステーションは、2015年春頃の運用開始を予定しています。
 
 北大阪水素ステーションの建設にあたっては、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」の交付を受けることが本日決定しております。
 
 大阪ガスは、環境にやさしい低炭素社会の実現に貢献するべく、今後も燃料電池自動車の普及に向けた水素供給インフラ整備やコンパクト水素発生装置の開発を行ってまいります。
 
*1 水素ステーションには、オンサイト方式とオフサイト方式の2つの方式が存在する。水素ステーションにて水素製造を行う方式をオンサイト方式、水素製造を行わず水素の受入を行う方式をオフサイト方式という。
   
*2 オンサイト方式のステーションで製造し、高圧容器に充填した水素を受け入れる、オフサイト方式の水素ステーション。
   
*3 ドーターステーションに対して、水素供給を行うオンサイト方式の水素ステーション。ドーターステーションへ水素供給を行うことにより、水素発生装置の稼働率の向上を図ることができる。
   
*4 燃料電池自動車の販売が開始される2015年までに、100箇所程度の水素ステーションの先行整備を進めることを、2011年1月に民間事業者13社が共同声明として発表したもの。
 
■北大阪ステーションの仕様概要(現時点での予定)
北大阪ステーションの仕様概要(現時点での予定) 
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る