このページの本文へ移動します。

プレスリリース

『CDP2013 JAPAN500』において 大阪ガスグループが気候変動情報開示の先進企業に選定されました

印刷する

2013年11月6日
大阪ガス株式会社

 大阪ガスグループは、国際的な非営利団体であるCDP(※1)が実施する気候変動に対する戦略および温室効果ガス排出に関する調査において、情報開示に優れた企業として、「カーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス」(以下、「CDLI」)に選定されました。大阪ガスグループが選定されたのは、今回が初めてです。
 
 CDPは、世界722の機関投資家の支援を受けて運営される非営利団体であり、世界で5,000社以上、日本では大手企業500社(JAPAN500)に気候変動に関する質問状を送付し、その回答結果を分析・公表しています。今回の調査では、JAPAN500のうち24社がCDLIに選定されました。
 
 大阪ガスグループでは、1992年に「大阪ガス環境行動指針」を制定し、事業活動における環境負荷軽減と、製品・サービスによる環境負荷軽減への貢献に取り組んでいます。従来は未活用だったLNGの冷熱を利用して発電するなど、自社の事業活動における温室効果ガスの排出を削減するとともに、お客さま先で地球環境に優しい天然ガスと燃料電池・ガスコージェネレーションシステムなどのエネルギーを有効利用するシステムの普及に努めてきました。また、再生可能エネルギーを利用した太陽光発電・風力発電事業への参画や、スマートエネルギーネットワーク(※2)の開発・実用化など、エネルギー事業者として低炭素社会の実現に向けた取り組みに挑戦し続けています。今回の選定は、これらの活動や環境に関する積極的な情報開示が高く評価された結果と考えています。
 
 今後も大阪ガスグループは、2020年に向けた長期経営ビジョン「Field of Dreams 2020」の目標達成を通じて持続可能な社会の実現に貢献するとともに、ステークホルダーの皆さまへの情報開示を行ってまいります
 
※1:CDP(旧名:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)について
 CDPは、合計87兆米ドルの資産を持つ世界722の機関投資家の支援を受けて運営される英国の国際的非営利団体であり、企業や都市の重要な環境情報を測定・開示・管理し、共有するための唯一のグローバルなシステムを提供しています。CDPは、企業が環境や天然資源に与える影響を開示するとともに、その影響を軽減する対策を取ることを目指して、気候変動・水・森林に影響を及ぼす商品などのグローバル規模の一次データを収集し、これらの知見をビジネス、投資、政策の戦略的な意思決定の場に提供しています。
 CDPのWebサイト: https://www.cdproject.net別ウィンドウで開きます
 
※2:スマートエネルギーネットワークについて
 スマートエネルギーネットワークは、コージェネレーションや再生可能エネルギーなどをネットワーク化して電気や熱を地域で融通するシステムです。ITを駆使することで、エネルギーの融通と分散型電源の統合制御が可能になり、高い省エネルギー効果とエネルギーセキュリティが実現できます。2010年度から2012年度に経済産業省の「分散型エネルギー複合最適化実証事業」に参画して実証を行い、お客さま先などにおいて実用化を始めています。
スマートエネルギーネットワークのイメージ
スマートエネルギーネットワークのイメージ
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る