このページの本文へ移動します。

生活情報

大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所は、コラム集『夏を乗り切る/冬を乗り切る〜暮らし方のヒント〜』を発行しました

印刷する

2013年4月
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎裕)エネルギー・文化研究所(以下、CEL)は、身近な節電の取組を紹介したコラム集『夏を乗り切る/冬を乗り切る〜暮らし方のヒント〜』を発行しました。
 
 東日本大震災以降、産業界のみならず、生活者にも節電・省エネが求められる事態となったことを受けて、CELでは平成24年6月から8月にかけて、「夏を乗り切る」という共通テーマで、夏の電力不足に対応した暮らし方のヒントを各研究員の知見・経験に基づくコラムのかたちでウェブサイトに掲載しました。また、同年11月から平成25年1月にかけて、冬季において省エネをしながら暖かく暮らすためのヒントを「冬を乗り切る」のテーマで掲載しました。
 今回発行したコラム集は、これらのウェブサイトの掲載内容を冊子にまとめたものです。
 
 エネルギー資源の少ない日本では省エネへの継続的な取り組みが必要で、そのためには、我慢する省エネではなく、持続可能な省エネ活動を進めることが重要です。このコラム集が、一層多くの生活者の目に触れ、暮らしを見つめ直すきっかけになればと願っています。
 
冊子名:『夏を乗り切る/冬を乗り切る〜暮らし方のヒント〜』
 A5版84ページ カラー刷
(下記ホームページからPDFファイルをダウンロードできます。)
 
<特集コラム一覧 ホームページ>
http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/cel/column/director/index.html別ウィンドウで開きます
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る