このページの本文へ移動します。

生活情報

災害時に必要なことは、ほぼキャンプで学べる。レッドベア火育+サバイバルキャンプ開催について

印刷する

2012年10月
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下大阪ガス)は、特定非営利活動法人プラス・アーツ(理事長:永田 宏和、以下プラス・アーツ)ならびに神戸市立地域人材支援センター(センター長:中本 正、以下地域人材支援センター)と共同で、神戸市立地域人材支援センター(所在地:兵庫県神戸市)において、防災キャンプイベントに火育(ひいく)を取り入れた「レッドベア火育+サバイバルキャンプ」を開催いたします。
 
 レッドベアサバイバルキャンプは親子で一緒に学べる、避難生活体験プログラムです。防災時の知識はもちろん、どんな状況でもたくましく生き抜く知恵や力を楽しみながら体験することができます。もしもの時の備えを、しっかりと身につけることができる1泊2日の防災キャンププログラムです。
 
 また、大阪ガスは、安全な火のおこし方や扱い方、火を使った調理など、子どもが火に親しみ火を学ぶ体験を通じて豊かな心を育むことを「火育」として推進しています。火は人類の発展に大きな革命をもたらしたと言われていますが、現代生活の中で火を扱う機会が少なくなり、「マッチを擦ったことがない」「火を扱ったことがない」という子どもが増えています。火を使い、理解する「火育」の取り組みは全国のガス事業者を通じて各地に広がりつつあります。
 
 昨年10月に引き続き、今回2回目となるレッドベアサバイバルキャンプでは、大阪ガスの火育のプログラムを取り入れ開催します。また会場は、阪神・淡路大震災当時に避難所として実際に活用された神戸市立地域人材支援センター(旧二葉小学校)とし、震災当時の様子を子どもたちに伝えるプログラムも盛り込み、1泊2日で実施します。このキャンプを通じて、火を使った生活を体験し、火に親しみ理解を深めていただきます。
 
 是非、このキャンプで防災知識とともに、火に親しみながら火について学ぶ子どもたちの様子を、ご取材いただきますよう、ご案内いたします。
 
 詳細は別紙のとおりです。
▲ページトップ
(別紙)
 
■名称   レッドベア火育+サバイバルキャンプ
■会場   神戸市立地域人材支援センター       
(住所:神戸市長田区二葉町7丁目1番18号)
■日時   平成24年11月10日(土)・11日(日)[1泊2日/体育館泊]
■参加費   大人:3,000円、子ども:2,000円
■対象・定員   小学生の子どもを含む家族(2名〜)/定員:60名
■問合せ先   NPO法人プラス・アーツレッドベア火育+サバイバルキャンプ係 
Mail:red_bear@plus-arts.net        
TEL:078-335-1335、FAX:078-335-1339
■その他   主催:NPO法人プラス・アーツ
共催:大阪ガス株式会社・神戸市立地域人材支援センター
後援:神戸市教育委員会・神戸市消防局
協力:デザイン・クリエイティブセンター神戸
助成:ひょうご安全の日推進事業助成金
企画・運営:レッドベアサバイバルキャンプクラブ
 
 
以上
▲ページトップ
(ご参考)
ご参考
ご参考
ご参考
ご参考

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る