このページの本文へ移動します。

プレスリリース

「スマートエネルギーハウス」が「LCCM住宅認定」第1号取得〜建設時や廃棄時を含めた住宅のライフサイクル全体のCO2排出削減が評価〜

印刷する

2012年1月25日
大阪ガス株式会社
積水ハウス株式会社

 大阪ガス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:尾崎裕)と積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部俊則)が共同で平成23年2月より居住実験を実施している「スマートエネルギーハウス」が、財団法人建築環境・省エネルギー機構(所在:東京都千代田区、理事長:村上周三氏)の「ライフサイクルカーボンマイナス住宅認定(LCCM住宅認定)」第1号を取得しました。
 
 住宅における地球温暖化防止の取り組みとしては、太陽電池などの創エネルギー設備や高効率設備の導入、建物の高断熱化などによる居住時のCO2排出量削減だけでなく、資材や設備の製造、建設から解体・再利用等までの建物のライフサイクル全体のCO2排出量削減の必要性が指摘されています。
 「LCCM住宅」とは、住宅の建設時、居住時、廃棄時それぞれにおいて出来るだけ省CO2に取り組み、さらに太陽電池などにより創出した再生可能エネルギーを利用することにより、住宅のライフサイクル全体でのCO2の収支をマイナスにする住宅のことです。平成21年度から国土交通省住宅局の研究開発事業として、「ライフサイクルカーボンマイナス住宅研究開発委員会(村上周三委員長)」のもとで研究開発が進められています。
 「LCCM住宅認定制度」は、住宅のライフサイクル全体を通じてのCO2排出量を低減する先導的な住宅の開発と普及の促進を目的に、平成23年12月から開始されました。建築環境総合性能評価システム「CASBEE」に基づき、評価・認定されます。
 
 今回認定された「スマートエネルギーハウス」は、奈良県北葛城郡王寺町に建設した実証実験住宅です。
 積水ハウスの環境配慮型住宅「グリーンファースト」をベースに、高い断熱性能と長期耐久性を備えています。また、燃料電池と太陽電池に蓄電池を組み合わせてHEMSで最適制御することで住宅のライフサイクル全体のCO2排出量を削減できます。
 
 現在、実際に家族が居住しながら様々なスマートハウス関連システムの省エネ効果および居住者の快適性・利便性の向上について実験、検証しています。
 今後は、住宅だけでなく居住者が利用する電気自動車までを含めたCO2排出量を差し引きゼロにできるシステムの実現を目指します。
▲ページトップ
【LCCM住宅認定の概要】
  認定の考え方
    CASBEEの評価・認証の枠組みに基づき、その評価を活用して LCCM住宅を認定。
  対象建築物
    新築の一戸建て専用住宅(新築とは竣工後3年以内のもの)。
  申請者
    建築主、設計者、施工者、販売者等。
  審査および認定基準
    財団法人建築環境・省エネルギー機構内の認定委員会(委員長:吉野博 東北大学大学院教授)が審査します。CASBEE戸建評価認証制度に基づき認証された環境効率ランクがSまたはAであり、かつライフサイクルCO2ランク(CASBEE戸建−新築平成22年版の標準計算)が緑☆☆☆☆☆または緑☆☆☆☆であることが認定基準になります。「LCCM住宅☆☆☆☆☆」と「LCCM住宅☆☆☆☆」の2区分があります。
 
【ライフサイクルCO2排出率によるランク】
ライフサイクルCO2排出率によるランク
 
【居住実験住宅「スマートエネルギーハウス」の概要】
  LCCM住宅☆☆☆☆取得
  CASBEE戸建‐新築2010年度版 すまいの環境効率 ☆☆☆☆☆ (Sランク)取得
  場所
    奈良県北葛城郡王寺町
  建物概要
   
積水ハウス 環境配慮型住宅「グリーンファースト」
軽量鉄骨造2階建・4LDK(延床面積 138.8m2
  設備概要
   
燃料電池 固体酸化物形燃料電池(SOFC)(発電能力700W)
太陽電池 多結晶型(発電能力 5.08kW)
蓄電池   リチウムイオン蓄電池(蓄電容量 3.5kWh)
その他設備 HEMS、床暖房、デシカント換気システム、LED照明、電動シャッター/カーテン、通風ファン、自動扉、キーレスエントリー、自動水栓など
  LCCM住宅認定申請者 大阪ガス株式会社
  設計者 積水ハウス株式会社
  施工者 積水ハウス株式会社
  竣工日 平成22年12月竣工
  居住家族人数 3人
  実験期間
    平成23年2月〜平成26年3月
  外観
    外観
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る