このページの本文へ移動します。

プレスリリース

太陽光発電設備導入スキーム「SOLAR−ECOWAVE」の活用による兵庫県立淡路病院への太陽光発電設備(150kW)の設置について−あわじ環境未来島構想の実現に向けた先行取組み−

印刷する

2011年12月21日
大阪ガス株式会社
エナジーバンクジャパン株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下、「大阪ガス」)の100%子会社であるエナジーバンクジャパン株式会社(社長:境内 行仁、以下、「EBJ」)は、太陽光発電設備導入スキーム「SOLAR−ECOWAVE」※1(以下、「本スキーム」)を活用して、兵庫県(知事:井戸敏三)が平成25年度に開設を予定している県立淡路病院(洲本市塩屋1丁目)へ150kWの太陽光発電設備を設置することになりました。
 病院への150kWの太陽光発電設備の導入は関西では最大級となります。
 
 大阪ガスでは、平成13年からお客さまが初期投資を行わず、使用エネルギー量に応じたサービス料金を支払うだけで、ガスコージェネレーションシステムなどの省エネルギー設備を導入できるエネルギーサービス「ECOWAVE」※1の運用を開始しています。
 平成22年4月には、供給エリア内外の再生可能エネルギーの普及促進を図ることを目的に、新エネルギー普及事業モデルのコンサルティング、「ECOWAVE」のスキームを活用したエネルギーサービスの運営受託を行うEBJを設立し、平成23年1月から本スキームの提案を開始しています。
 
 兵庫県と淡路島3市(洲本市・南あわじ市・淡路市)は、エネルギーと食料の自給率向上、少子・高齢化への対応など、日本が抱える課題解決の先導モデルとなることを目指して「あわじ環境未来島構想」※2の推進に取り組んでいます。その中で、太陽光発電設備の導入を促進しており、本スキームを活用した太陽光発電設備の導入事業は、その関連事業と位置づけられています。平成23年6月には本スキームを活用し、洲本市防災センター鳥飼会館に太陽光発電設備を導入しました。
 続いて今回、県立淡路病院へ150kWの太陽光発電設備を設置します。本スキームの契約期間は12年を予定しており、計画発電量に達すれば、太陽光発電設備の所有権をEBJから県に移転することとしており、購入した場合と比較し概算で3割程度※3の費用を削減できます。
 今後、EBJは兵庫県と連携し「あわじ環境市民ファンド(仮称)」※4の検討など、「あわじ環境未来島構想」の実現に向けた新たな手法による太陽光発電設備の普及などに継続的に取り組んでまいります。
 
※1   お客さまが初期投資を行なわず省エネルギー設備を導入できるエネルギーサービススキーム。
「ECOWAVE」は、お客さま先にコージェネレーションシステムなどの省エネルギー設備を持ち込み、熱・電力などのエネルギーを供給し、大阪ガスはその対価としてご使用になった熱・電力などのエネルギー量に応じたサービス料金をお客さまから受取るスキーム。大阪ガスでは、平成13年から本スキームの提供を開始しており特許を取得している。「SOLAR−ECOWAVE」は本スキームを太陽光発電設備用にアレンジしたもの。
※2    
  参考:あわじ環境未来島構想(「総合特区」申請(H23.9.30))概要  
       
  1 構想の趣旨 〜多様な主体の創意工夫による社会実験と課題解決先進地としての貢献〜  
   
エネルギーと食を基盤に暮らしが持続する地域をつくる構想全体を、技術革新やビジネスモデルといった産業視点に加え、地域社会の受容や合意形成、様々な主体の協働・費用負担のあり方など、多面的に検証する社会実験として展開する。
得られた知見は、国内他地域への展開を通じた日本再生はもちろん、今後、少子高齢化や人口の減少・偏在、低成長や、さらにマイナス成長といった同様の課題に直面する海外への貢献につなぐ。
 
       
  2 めざす地域像  
    生命つながる「持続する環境の島」  
       
  3 主な取組  
   
(1) エネルギーの持続
 
地域資源を活用した再生可能エネルギー創出
地域でのエネルギー創出を支える地域づくり
家庭・事業所でのエネルギー消費最適化
(2) 農と食の持続
 
農と食の人材育成
漁船の電動化・ハイブリッド化による漁業のグリーン化
(3) 暮らしの持続
 
高齢者にやさしい持続交通システムの構築
地域資源を生かした小規模集落の活性化
 
  4 主な数値目標(成果指標)  
   
(1) エネルギーの持続
 
エネルギー(電力)自給率  2010年:7%→2016年:17%→2050年:100%
温室効果ガス排出量(1990年比)  2008年:▲19%→2016年:▲32%→2050年:▲88%
(2) 農と食の持続
 
食料自給率(生産額) 2009年:333%→2050年:300%以上
食糧自給率(カロリー)  2009年:104%→2050年:100%以上
(3) 暮らしの持続
 
生活満足度(幸福度)  2011年:54%→2050年:90%以上
持続人口(定住人口+交流人口)  2010年:18万1千人→2016年:17万4千人→2050年:18万1千人
 
※3   メンテナンス費用、保険料などの費用を含む。
※4   市民などから出資を募り、公共施設の屋根や遊休地などに再生可能エネルギーを利用した発電設備を設置し、発電した電力を売電した収入を出資者に還元する仕組み。
 
◆淡路病院 完成予想図
淡路病院 完成予想図
 
本件に関するお問合せ先
 エナジーバンクジャパン株式会社  TEL:06−6205−4629

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る